2014年 春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査(中間集計)

人事

春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査
掲載している雑誌:賃金事情

民間のシンクタンク機関である産労総合研究所(代表・平盛之)では、毎年、春季労使交渉に先がけて、「春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査」を実施し、民間企業各社の賃上げ予定、ならびに賃上げ相場の予測等について明らかにしてまいりました。このほど、2014年の調査結果について中間集計がまとまりましたので、ご報告いたします。

本調査は、毎年11~12月に調査を実施し翌年2月に調査結果を発表しているものですが、本年は春闘への関心が高まっていること、また調査結果としても興味深いものになりつつあることから、中間集計の段階でもプレスリリースを発行することとしました。
目下、最終の取りまとめ作業中であり、最終的な集計結果(159社)のリリースを1月末に発表する予定でおります。

 

印刷用PDFのダウンロード

2014年 春季労使交渉にのぞむ経営側のスタンス調査(中間集計)
印刷用PDFのダウンロード

※ 詳細データは「賃金事情」2014年1月5・20日号にて掲載しています。

 

本リリースに関する取材などのお問い合わせ

株式会社産労総合研究所「賃金事情」編集部   担当:吉田, 比留間
TEL 03(3237)1611   MAIL edt-a2@sanro.co.jp

※上記以前の調査結果については、「賃金事情」編集部 までお問い合せ下さい。


他年度調査の結果

賃金施策の決定版! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    人事労務担当者
  • 労働組合
  • 人事支援
    コンサルタント
  1. 国内唯一の賃金関連情報の専門誌!
  2. 人事担当・労働組合担当者の理論武装には、なくてはならない情報を掲載
  3. 人事考課など賃金制度運用に関する参考情報を掲載
賃金事情 詳細を見る

ページトップへ