2021年度 国内・海外出張旅費に関する調査結果

人事

国内・海外出張旅費に関する調査
掲載している雑誌:労務事情

この調査は「産労レポート」として詳細版を販売しています

人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「2021年度国内・海外出張旅費に関する調査」を実施しました。本調査はほぼ2年おきに実施しています。

 

コロナ禍で減少する国内・海外出張、規定上の出張関係費は据え置かれる傾向
~国内出張規定を見直した企業は14%、海外出張では15%~

 

今回の調査項目は例年と同じく国内および海外出張における規定の状況を調査したものです。コロナ渦中での調査のため、出張の機会自体が少なくなっている企業も多く、実際、本調査の結果でも約8割が「国内出張が減っている」と回答している状況にあります。このような状況を踏まえたうえで、自社の規程を見直す参考にしてください。
コロナ禍前であった前回(2019年度)との比較でいうと、以前は上昇傾向にあったホテル宿泊料が、コロナ禍に大幅に下落しましたが、本調査ではホテル宿泊料にあわせた旅費規定の宿泊料金の下落が読み取ることができませんでした。今後またホテル宿泊料は上昇傾向に戻るのか、それとも下がったままとなるのか、実態と規定とのギャップをどう考え、見直すかは人事にとって悩みどこになることが予想されます。

 

印刷用PDFのダウンロード

2021年度 国内・海外出張旅費に関する調査結果
印刷用PDFのダウンロード

 

調査結果のポイント

(1)コロナ禍で8割の企業が国内出張を減らす中、出張規定・運用ルールの見直し済みの企業は14%にとどまる

(2)宿泊料は、全地域一律は9,149円、実費上限は9,750円 企業の出張時の宿泊料は据え置かれる傾向にある

(3)出張時、航空機等より新幹線の特別席が認められる傾向 役員のグリーン車を許可する企業が増加傾向?

(4)コロナ禍で95.3%の企業が海外出張を減少させた 規定上の円建て滞在費は北米地域で減少傾向

 

調査要領

上場企業および当社会員企業から任意に抽出した約3,000社に対して、2021年5月に調査票を郵送で依頼し、150社の回答を得た。

 

調査結果の概要

(1)【コロナ禍における国内出張の機会と規定の見直し】

コロナ禍で8割の企業が国内出張を減らす中、出張規定・運用ルールの見直し済みの企業は14%にとどまる

新型コロナウイルスの感染拡大は、国内外の出張に大きな影響を与えています。
2021年の出張の機会を尋ねたところ、国内の出張は「減っている」が78.7%となりました。
こうした状況にありながら、出張規程を「見直した」とした企業は14.0%にすぎず、「見直した」「見直し中/見直し予定」を合計しても18.0%と低い水準になっています。

図表1 コロナ禍での国内出張の機会・回数の変化

図表

図表2 コロナ禍での国内出張の規定や運用の見直し

図表

 

(2)【国内出張 宿泊出張の宿泊料】

宿泊料は、全地域一律は9,149円、実費上限は9,750円
企業の出張時の宿泊料は据え置かれる傾向にある

宿泊出張の宿泊料金について尋ねたところ、各企業の規程での金額は「全地域一律に支給される企業」で9,149円となり、過年度調査に比べやや増加、「宿泊料が実費支給とされる企業」の実費上限額は9,750円で過年度調査と比べ横ばいでした。ビジネスホテルの平均宿泊料は、コロナ禍の影響を受けて低下する傾向にありますが、規程上の金額はそれに連動していない状況になっています。

図表3 支給方法別 国内宿泊料の規定金額(2019年調査との比較)

図表

※1 いずれも支給額が全国一律の場合である。

 

(3)【国内出張 新幹線、飛行機でのグリーン車・スーパーシート等の利用】

出張時、航空機等より新幹線の特別席が認められる傾向
役員のグリーン車を許可する企業が増加傾向?

出張時の新幹線のグリーン席利用の許可状況をみると、役員は46.7%、課長クラスで3.3%、一般社員は1.3%で認められており、いずれも微増傾向が見られる。
一方で、航空機スーパーシート等の許可状況をみると、役員は25.3%、課長クラスで0.7%、一般社員は0.7%で認められており、課長クラス以下では、ほとんど認めれていない状況がわかった。

図表4 新幹線グリーン車の許可状況(推移)

図表

図表5 航空機スーパーシート等の許可状況(推移)

図表

 

(参考:【海外出張の機会と規定の見直し】)

コロナ禍で95.3%の企業が海外出張を減少させた
規定上の円建て滞在費は北米地域で減少傾向

海外出張は「減っている」が95.3%を占め、規定については「見直した」「見直し中/見直し予定」の合計で19.4%であった。

一般社員の滞在費を地域別にみると、北米17,307円、中国15,458円、東南アジア15,474円で、北米地域では現象傾向。中国、東南アジアは減少から横ばいとなっている。

図表6 コロナ禍での海外出張の機会・回数の変化

図表

図表7 コロナ禍での海外出張の規定や運用の見直し

図表

図表8 海外出張の滞在費(日当+宿泊料+食事代+雑費)

図表

 

 

印刷用PDFのダウンロード

2021年度 国内・海外出張旅費に関する調査結果
印刷用PDFのダウンロード

 

本リリースに関する取材などのお問い合わせ

株式会社産労総合研究所「労務事情」編集部   担当:日野、黒田
TEL 03(5860)9792   MAIL edt-b@sanro.co.jp

<デジタル雑誌 販売中!>ワクチン接種において、労務担当者が知っておきたい法的留意点とは?

「2021年度 国内・海外出張旅費に関する調査結果」
この調査は詳細な「産労レポート」が販売されています

プレスリリース版(こちらのページです)
調査5項目
産労レポート版:調査74項目+解説+エクセル図表データ+出張における手当の考え方

産労レポート:8,800円(税込) ご購入はこちら

他年度調査の結果

労務管理の理論と実践を繋ぐ! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    人事労務担当者
  • 労働組合
  • 弁護士
  • 社労士
  • 企業コンサルタント
    (中小企業診断士等)
  1. 法改正の動向をタイムリーにフォローし、わかりやすいQ&A形式で紹介
  2. 豊富な関連判例の紹介により、より深い理解を醸成
  3. 企業の人事部門に加え、専任者を置けない中小企業の顧客を持つ士業の方にもオススメ
労務事情 詳細を見る
×
できる!社会保険

広告

【人事】 社会保険・年金セミナー・録画 20221223

できる!社会保険

  • 実務担当者のブラッシュアップに最適です。
  • 最新の情報をご提供します。

ページトップへ