大卒・大学院卒新入社員教育の実態

人事

大卒・大学院卒新入社員教育の実態調査
掲載している雑誌:企業と人材

産労総合研究所(代表 高橋邦明)が発行する定期刊行誌「企業と人材」(編集長 伊関久美子)は、2010年4月入社の大卒・大学院卒(それに準ずるもの)新入社員教育に関する調査を行った。

 

調査要領

【調査対象】本誌読者から任意に抽出した3,295社
【調査時期】2010年10月下旬~11月下旬
【回答状況】回答のあった230社について集計

集計企業の内訳

グラフ

 

調査結果の概要

1人当たりの新人社員教育費用

各企業は新入社員教育にどのくらいの費用をかけているだろうか。入社前教育の場合、新入社員1人当たり「1.5~3万円未満」がもっとも多く19.7%、「3~5万円未満」が18.3%、「1~1.5万円未満」17.6%と広く分布している。平均は43,798円である。
会社の規模が小さくなるほど1人当たりの額は大きくなり、大企業(3,000人以上)が平均33,301円、中企業(1,000~2,999人)が39,909円、小企業(999人以下)が51,760円だった。

入社後の導入教育費用も広く分布しており、15万円以上に30.1%、5万円未満に32.5%と分布している。平均額は165,191円となった。

規模別にみた新入社員1人当たりの研修費用ー入社前教育

グラフ

規模別にみた新入社員1人当たりの研修費用ー導入教育

グラフ

 

集合研修のテーマ

集合研修のテーマについては、「ビジネス・マナー」(95.4%)の実施率が非常に高く、次いで「コミュニケーション(報告・連絡・相談を含む)89.0%、「経営理念・創業理念」87.7%、「コンプライアンス」81.7%となっている。まずは、企業人として、社会人としての基礎を学ぶテーマの実施率が高い。

導入教育における集合研修のテーマ(複数回答)

グラフ

 

外国人社員の新卒採用

外国人の新卒採用については「新卒採用をしている」企業は30.6%、「採用をしていない」66.7%、「今後、採用する予定がある」2.7%だった。採用している企業に対して、導入教育の内容について尋ねたところ、「日本人新入社員とすべて同じ研修内容」が98.5%と大多数を占めた。

外国人の新卒採用状況

グラフ

※上記以前の調査結果については、「企業と人材」編集部 までお問い合せ下さい。

企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ