協同労働入門

人事

その他人事全般
協同労働入門
立ち読み

「協同労働」とは、地域の課題解決を目的として、「出資」「経営」「労働」のすべてを参加する組合員たちが担う働き方です。本書は、労働者協同組合を通じた「協同労働」という働き方について、企業の人事担当者、あるいは、本テーマに関心のある個人の方のための入門書となるような内容となっています。労働者協同組合の設立・運営のために必要な2022年10月1日に施行された労働者協同組合法の解説、およびこれまで「協同労働」という働き方を実践してきた団体の事例紹介を通じて、「協同労働」について理解を深めることができます。

■小島明子 福田隆行 共著
■A5判/194頁
■税込価格 2,530円
■ISBN 978-4-86326-334-5 C2032
■発刊日:2022年10月26日

 

 

目次

  • 第1 章 「協同労働」とは
     1.「 協同労働」の意義
     2.「 協同労働」が生まれた背景
     3. 労働者協同組合法が制定された経緯
  • 第2 章 労働者協同組合法の解説
     第1 総論
     第2 労働者協同組合
     第3 特定労働者協同組合
     第4 労働者協同組合連合会
     第5 行政庁による監督
     第6 組織変更
  • 第3 章 「協同労働」活動事例
     1. ワーカーズコープ連合会及びその関連団体
     2. ワーカーズ・コレクティブネットワークジャパン及びその関連団体
     3. 一般社団法人全国労働金庫協会
     4. 小括
     5. 今後の課題
  • 第4 章 労働者協同組合に関する提言
     1. 副業・兼業の一環として活用すること
     2. キャリアコンサルタントを通じた情報提供やマッチング支援をすること
     3. 中高年男性の活躍の場にすること
     4. 自治体と地元企業の連携を強化すること
     5. 地域金融機関による新たな支援を検討すること
     6. 自治体が取組む孤独・孤立対策との連携を行うこと
     7. 社会的価値を重視した社会づくりの第一歩に

著者紹介

■小島 明子(こじま あきこ)・・・ 株式会社日本総合研究所 創発戦略センター スペシャリスト 早稲田大学大学院商学研究科修了(経営管理修士)。経済社会システム総合研究所客員主任研究員。ESGの観点からの企業評価や働き方に関する調査研究に従事。 -著書-『女性発の働き方改革で男性も変わる、企業も変わる』(経営書院)等。
■福田 隆行(ふくだ たかゆき)・・・ 堀法律事務所 弁護士 第二東京弁護士会所属慶應義塾大学法学部法律学科卒業、慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)修了。 一般企業法務、一般民事事件全般を手掛ける。 -著書-「増補改訂版 あなたが変える裁判員制度~市民からみた司法参加の現在(いま)」(同時代社)共著 等

関連書籍

ご購入はこちら

ページトップへ