人事トレンドと人事部の課題

人事

人事管理 セミナー・録画
このセミナー・録画のポイント
  • 人事トレンドの実態について、理解できます。
  • 人事部門を今後どうしていくべきか、整理できます。
  • [終了]
    [当日] 会場
  • [終了]
    [当日] オンライン
  • [配信中]
    録画
開催日 2022年9月27日(火) [終了済]
開催時 10:00〜16:00
会場 主婦会館プラザエフ コスモス
住所:東京都千代田区六番町15  TEL:03-3265-8111
〔JR四ツ谷駅より徒歩1分、地下鉄四ツ谷駅より徒歩3分〕
申込み〆切 2022年9月14日(水)
参加対象 人事・総務部の担当者、労働組合の担当者
参加費 会員:24,000円(税込)
一般:28,000円(税込)
備考 会場受講に関するご案内はこちら
*会場受講・オンライン受講・録画受講は同額です。
*会場受講の場合には、テキスト代、昼食代を含みます。
*会員とは産労総合研究所発行の定期刊行誌8誌いずれかのご購読者。定期刊行誌は申込書を参照してくだい。
開催日 2022年9月27日(火) [終了済]
開催時 10:00〜16:00
会場 オンライン
申込み〆切 2022年9月21日(水)
参加対象 人事・総務部の担当者、労働組合の担当者
参加費 会員:24,000円(税込)
一般:28,000円(税込)
備考 オンライン受講に関するご案内はこちら
*会場受講・オンライン受講・録画受講は同額です。
*会場受講の場合には、テキスト代、昼食代を含みます。
*会員とは産労総合研究所発行の定期刊行誌8誌いずれかのご購読者。定期刊行誌は申込書を参照してくだい。
配信日 2022年10月5日(水) ~ 2022年12月28日(水)
会場 録画(オンデマンド)配信
収録時間 275分
申込み〆切 2022年12月23日(金)
参加対象 人事・総務部の担当者、労働組合の担当者
参加費 会員:24,000円(税込)
一般:28,000円(税込)
備考 録画配信に関するご案内はこちら
*会場受講・オンライン受講・録画受講は同額です。
*会場受講の場合には、テキスト代、昼食代を含みます。
*会員とは産労総合研究所発行の定期刊行誌8誌いずれかのご購読者。定期刊行誌は申込書を参照してくだい。

セミナー・録画 紹介動画

講義内容

9月27日(火) 10:00〜16:00

1.メンバーシップ型人事からジョブ型人事へ

・ジョブ型人事とはなにか
・ジョブ型人事導入の背景と目的

2.人事施策のトレンドとポイント

・採用(インターンシップ採用、オンボーディング…)
・人事異動(異動機会の減少と転勤の廃止…)
・退職制度(早期退職、40歳定年論…)
・報酬制度(職務給、非金銭報酬…)
・評価制度(プロセス評価重視、ノーレイティング…)
・人材開発(リスキリング、自律的キャリア形成…)

3.人事部門改革とHRテクノロジーの活用

・戦略的人事部門とはなにか
・ビジネスパートナーとしての人事部門
・意思決定に活かすHRテクノロジー


*社会情勢に合わせてプログラム内容を変更する場合があります。
*講義の進行によっては、順番が前後することもあります。

録画① 【約106分】

講義全体のオリエンテーション(約5分)

1.メンバーシップ型人事からジョブ型人事へ

 ・ジョブ型人事とはなにか
 ・ジョブ型人事導入の背景と目的

録画② 【約158分】

2.人事施策のトレンドとポイント

 ・採用(インターンシップ採用、オンボーディング…)
 ・人事異動(異動機会の減少と転勤の廃止…)
 ・退職制度(早期退職、40歳定年論…)
 ・報酬制度(職務給、非金銭報酬…)
 ・評価制度(プロセス評価重視、ノーレイティング…)
 ・人材開発(リスキリング、自律的キャリア形成…)

録画③ 【約11分】

3.人事部門改革とHRテクノロジーの活用

 ・戦略的人事部門とはなにか
 ・ビジネスパートナーとしての人事部門
 ・意思決定に活かすHRテクノロジー


講師のご紹介

寺崎 文勝 氏(てらさき ふみかつ) (株)寺崎人財総合研究所 代表取締役 プリンシパル コンサルタント

寺崎 文勝 氏(てらさき ふみかつ) (株)寺崎人財総合研究所 代表取締役 プリンシパル コンサルタント

早稲田大学第一文学部心理学専修(1987年)。事業会社の人事部門、金融系シンクタンク、会計系コンサルティングファーム等を経て2018年に株式会社寺崎人財総合研究所を設立。
組織・人事マネジメント領域のコンサルタントとして20年超の経験を有し、幅広い業種において人事制度構築・人事業務プロセス変革を中心としたコンサルティングを手がけ、関与企業はこれまでに300社を超える。
主な著書として『実践人事マネジメント改革(共著)』『職務基準の人事制度(共著)』『人事マネジメント基礎講座』(労務行政)、『キャリアの取説』(日本経済新聞出版社)他多数。

ページトップへ