<病院・介護施設等における>
人事・賃金制度の構築・運用セミナー
~導入事例、見直し手順が学べる半日セミナー~

医療

医療セミナー
このセミナーのポイント
  • 経営リスクを考慮した「ポイント制範囲給」「インセンティブ賞与」を提案します。
  • 半日で、導入事例、見直し手順をお示しします。
開催日 2018年11月6日(火)〔13:00~16:30〕
会場 厚生会館
住所:東京都千代田区平河町1-5-9
   TEL:03-3264-1241
   〔地下鉄麹町駅より徒歩3分〕
参加対象 病院・介護施設の経営ご担当者
参加費 会員:12,000円(税込)
一般:15,000円(税込)
*参加費用にはテキスト代を含む。
*会員とは産労総合研究所発行の定期刊行誌8誌いずれかのご購読者。
<病院・介護施設等における>人事・賃金制度の構築・運用セミナー

セミナーの特徴

 医療経営情報研究所が、今年の5月に行った「人事賃金制度導入に関する実態調査」の結果によると、人事考課制度を導入している病院は、74.1%。人事考課制度の整備が他の業界に比べ遅れていると言われてきた病院界においても、人事考課制度導入が一般的になりつつあります。
 また、今年の1月には、生産年齢人口が初めて全人口の6割を切りました。労働者の確保が年々難しくなる中、組織を活性化させ、労働生産性をいかに上げていくかは、労働集約型の組織である、病院や介護施設においては喫緊の課題と言えましょう。
 そこで、今回は、半日のコンパクトなセミナーですが、人事・賃金制度見直しの必要性を踏まえつつ、導入事例などを通して、課題の捉え方、改善策についてトータルのイメージがわかるようにお話しいたします。
 現在、人事・賃金制度の見直しを考えている病院・介護施設も多いことと思われますので、人事・賃金制度見直しの手順等についても解説します。


講義内容

11月6日(火)13:00〜16:30

1. 人事・賃金制度見直しの必要性

1.働き方改革関連法と人事賃金制度の見直し
2.上司の役割としての組織業績の最大化と部下の育成
3.病院経営と人件費
  (年功的な賃金制度の見直しの必要性)

2. 人事・賃金制度の概要と導入事例

1.複線型昇進制度
2.目標管理、行動評価、能力評価、キャリア開発ラダー
  (人事考課制度は、どの評価を組み合わせて構成するか。医師と医師以外の職種で考える)
3.経験給、段階号俸表、ポイント制範囲給表、年俸制
  (賃金制度は、どの賃金表を選択するか。医師と医師以外の職種で考える)
4.賞与支給のあるべき姿(インセンティブ賞与の導入)
5.退職金制度のあるべき姿(ポイント制の導入)

3. 人事・賃金制度の運用面での留意点

1.人事考課制度を運用するための管理職研修会
2.人事・賃金制度を運用するための職員アンケート

4. 人事・賃金制度見直しの手順と留意点

 


*社会情勢に合わせてプログラム予定を変更する場合があります。
*講義の進行によっては、順番が前後することもあります。

講師のご紹介

篠塚 功(しのつか いさお) 日本賃金研究センター 主任研究員

篠塚 功(しのつか いさお) 日本賃金研究センター 主任研究員

医療法人財団河北総合病院入職、財団本部人事課長・事務次長、河北総合病院本院・分院事務部長、公益財団法人日本医療機能評価機構事業部長(出向)等を経て、現職。医療機関の人事制度構築および病院機能評価受審の支援、講演・執筆活動を展開中。

ページトップへ