労務事情 2014年11月1日号

〈Q&A〉社員の欠勤に関する法的留意点

  弁護士 木村一成
Q1 感染症に罹患した場合の欠勤
Q2 災害時に出社不能となった場合の欠勤
Q3 逮捕・勾留された場合の欠勤
Q4 通勤途上の事故による欠勤と懲戒
Q5 セクハラの懸念を理由とした欠勤
Q6 上司が「出てくるな!」と言ったことで欠勤した場合
Q7 パワハラを巡る個別紛争と出社拒否
Q8 欠勤届を出したまま行方不明となった場合

〈Q&A〉健康管理にかかわる会社の責任,社員の責任

  弁護士 渡邊 岳
  弁護士 小栗道乃
Q1 病気の悪化を心配して精密検査の受診を促したが,応じなかった
Q2 定期健診を延期している間に病気が悪化した
Q3 「要経過観察」の社員に産業医の指導を受けさせたが,病状が悪化した
Q4 持病について「要再検査」となったが通常勤務を続けたため,病状が悪化した
Q5 「要治療」なのに治療を受けず,飲酒を続けたため,病状が悪化した
Q6 「要経過観察」となった社員が,病状が悪化しないよう業務軽減を求めてきた
Q7 入社時健診で既往症を発見できず,入社後に病状が悪化した
Q8 入社時にてんかん等の既往歴を申告せず,入社後に発作で事故を起こした

〈特別寄稿〉労使協働で進めるワーキング・グループによる就業規則づくり

  特定社会保険労務士 望月建吾


労使弁護士の論戦から学ぶ Webセミナー 労務トラブル防止ゼミナール
労務管理の理論と実践を繋ぐ! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    人事労務担当者
  • 労働組合
  • 弁護士
  • 社労士
  • 企業コンサルタント
    (中小企業診断士等)
  1. 法改正の動向をタイムリーにフォローし、わかりやすいQ&A形式で紹介
  2. 豊富な関連判例の紹介により、より深い理解を醸成
  3. 企業の人事部門に加え、専任者を置けない中小企業の顧客を持つ士業の方にもオススメ
労務事情 詳細を見る

ページトップへ