生産性を上げる経営管理と労務管理

人事

労務管理
生産性を上げる経営管理と労務管理
立ち読み

長時間労働対策などの働き方改革の成果を上げるためには、人および機械設備の投入などがあげられますが、資源に乏しい中小企業ではすぐに実行することは出来ません。だからといって、残業を制限したり休暇を与えたり、経営者の強いリーダーシップなどの精神論で生産性が上がるわけでもありません。本書は、中小企業診断士・社労士として多くの企業に携わってきた著者が、TOC(制約理論)に基づいて、資源をかけないで生産性を上げる科学的かつ実践的・具体的な方法を、実際のエピソードを交えて解説しています。

■望月敬介・著
■四六判・156頁
■本体価格 1,600円
■ISBN 978-4-86326-259-1 C2034
■発行日 2018年05月28日

数量:

目次

  • はじめに
  • 第1章 社員一丸となって頑張る会社ほど損をする
    • 全体最適で生産性は上がる
        エピソード1/本来の仕事をしていなかった設計屋さん
        エピソード2/優秀な部長の落とし穴
    • 物理的制約を解消してリードタイムを短縮する
        エピソード3/混雑する銀行窓口
        エピソード4/チャンスロスのレストラン
  • 第2章 サバを取ればプロジェクトは遅れない
    • なぜ?プロジェクトは遅れるのか!!
    • クリティカルチェーンでリードタイムを短縮する
        エピソード5/工期遅れだらけの土木会社
    • 人間の行動特性が生産性の最大の敵
  • 第3章 その石頭(いしあたま)が会社をダメにする
    • 利益を最大化させる全体最適の人事評価制度
        エピソード6/売ることを邪魔されていた婦人服店
    • 職能給から職務給、役割給へ多様な働き方に対応
        エピソード7/働かないオヤジ社員
    • 伝統的な全部原価計算が生産性の最大の敵
        エピソード8/儲かっている印刷屋さん
        エピソード9/銀行が教えてくれた全部原価計算
    • 良い顧客の発見方法
  • 第4章 狭いターゲットに高く売れ
    • 利益感度による損益分岐点分析で戦略的経営
        エピソード10/固定費を削り過ぎた建設会社
    • 利益速度で製造の優先順位を決める
        エピソード11/マルチ機械の恐怖
    • 狭いターゲットに会社の価値を高く売るマーケティング
        エピソード12/欲張りすぎたお寿司屋さん
        エピソード13/小学生は商売上手
  • 第5章 働かないオヤジ社員と困ったパートさん
    • 働き方に合わせた変形労働時間制
        エピソード14/給料計算センターの導入例
        エピソード15/土木会社の導入例
        エピソード16/建設会社の導入例
    • 時間外労働命令制度のススメ
        エピソード17/雑貨屋さんの時間外労働命令制度
    • パートタイマーが活躍しやすい職場
        エピソード18/困ったパートさん
    • 女性が安心して働ける職場
        エピソード19/育児休業復帰時のトラブル回避
    • 中高齢者の知識や経験は会社の財産
        エピソード20/定年後の再雇用社員が会社を救った
  • 第6章 仕事のやり方革命で生産性を2倍にする
    • 生産性を蝕む7つの仕事習慣病
        エピソード21/すさまじい抵抗勢力
        エピソード22/すべてを自社でやらないと気が済まない
        エピソード23/ただいま会議中です
        エピソード24/確認したはずがクレームの山
        エピソード25/ベテラン社員の本音
        エピソード26/自分のお客さんだけが大切
    • 生産性の向上なくして賃金アップなし
        エピソード27/「ノー残業デー」の恐怖
    • 営業社員の利益回収速度評価で資金繰りが 楽になる
        エピソード28/売上至上主義
  • あとがき

関連書籍

ご購入はこちら

ページトップへ