非正規社員の賃金改善実務研究セミナー
~同一労働同一賃金に向けて~

人事

人事・賃金・人事考課セミナー
このセミナーのポイント
  • 契約社員、パートタイム社員などの処遇改善策を学ぶことができます。
  • 法改正、判例、他社事例などの動向をまとめて情報収集できます。
開催日 2018年11月8日(木)〔13:15~16:30〕
会場 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
住所:東京都千代田区神田駿河台4-2-5 御茶ノ水NKビル(トライエッジ御茶ノ水)11F  TEL:03-5289-0177
〔JR御茶ノ水駅より徒歩3分、東京メトロ新御茶ノ水駅より徒歩2分〕
参加対象 人事・総務、経営企画のご担当者、労働組合のご担当者
参加費 会員:12,000円(税込)
一般:15,000円(税込)
*参加費用にはテキスト代を含む。
*会員とは産労総合研究所発行の定期刊行誌8誌いずれかのご購読者。定期刊行誌は申込書を参照してくだい。
非正規社員の賃金改善実務研究セミナー

セミナーの特徴

 みなさまの職場では、いわゆる正社員以外の多様な雇用形態の社員が共に働き、重要な役割を担っていらっしゃるのではないでしょうか。人口減少時代のなか、こうした人材を確保・定着し、意欲を持って働いてもらうには、まず賃金制度の改善が必要です。特に法改正が行われ、さまざまな労働判例が出てくると、働く側の意識も変わってきます。
 より公正で、納得性が高いと感じてもらえる賃金制度・運用はどういうものなのか、どうすれば最大限の能力を発揮してもらえるか、実際にどういう仕組みにしていけばよいのか、長年この問題に関わってきたコンサルタントが解説・提案します。


講義内容

11月8日(木)〔13:15~16:30〕

1.非正規社員の増加の背景

2.非正規社員の現状

3.働き方改革実行計画における同一労働同一賃金のガイドライン案

   (1)基本給の均等・均衡処遇の確保
   (2)各種手当の均等・均衡待遇の確保

4.非正規社員が正社員より基本給が低い現実とその理由

5.正規社員と同一賃金にする具体的な実務

   (1)基本賃金(基本給)
   (2)諸手当
   (3)賞与

6.不合理な賃金格差是正に関する裁判例

7.同一労働同一賃金を実現した企業事例

8.非正規社員に賞与、退職金を支給している企業事例

9.これからの非正規社員の処遇のあり方

 


*社会情勢に合わせてプログラム予定を変更する場合があります。
*講義の進行によっては、順番が前後することもあります。

講師のご紹介

茂出木 幸二(もでぎ・こうじ) 日本賃金研究センター コンサルタント

茂出木 幸二(もでぎ・こうじ) 日本賃金研究センター コンサルタント

日経連賃金労務管理部賃金課長代理、日本賃金研究センター主任アドバイザー、日本経団連労働政策本部人事賃金センター長、出版・研修事業本部長、東京経営者協会労務管理部長、産業雇用安定センター緊急就職支援事業本部長を経て、現職。
厚生労働省職業能力評価委員会委員、ワークシェアリング検討委員会委員を歴任。
主な著書『定期昇給Q&A』『春季労使交渉の手引き』(共著、日経連)、『はじめての人事考課』(日経連)、『日本型年俸策定マニュアル』『コンピテンシー概念に基づく日本型人事の革新とその設計』(共著、経営書院)

ページトップへ