基礎から学ぶ人事・評価・賃金セミナー
~基礎知識、人事トレンドを学び、課題発見の糸口をつかむ~

人事

人事・賃金・人事考課セミナー
このセミナーのポイント
  • 人事・賃金・評価の基本的なフレームワークとトレンドを学ぶことができます。
  • テーマごとのチェックリストによって、自分や自組織の現状を理解します。
開催日 2019年5月21日(火)〔10:00~16:30〕
会場 厚生会館
住所:東京都千代田区平河町1-5-9  TEL:03-3264-1241
〔地下鉄麹町駅より徒歩3分〕
参加対象 人事・総務部の新任担当者、人事企画担当者、労働組合の担当者
参加費 会員:25,000円(税込)
一般:29,000円(税込)
*参加費用にはテキスト代、昼食代を含む。
*会員とは産労総合研究所発行の定期刊行誌8誌いずれかのご購読者。定期刊行誌は申込書を参照してくだい。
基礎から学ぶ人事・評価・賃金セミナー

セミナーの特徴

 今日の人事をとりまく環境の動向と考え方の変化を理解し、自社の課題を明確に把握することは、極めて重要です。
 本セミナーでは、人事を担当して間もない方、人事の経験はあっても改めて人事部門の基本的な役割を俯瞰して捉えたいと考えている方を対象にしています。
 まず、現代における人事の役割を確認した上で、人事システム制度の (1)基本事項を丁寧に押さえ、(2)時代の変化を捉えた具体的な対策に触れて、(3)さらに、企業事例を紹介して成功の秘訣を解説します。制度のあり方のみならず、運用の重要性をお伝えします。
 AIへ代替されない人事のあり方を考えるためにも、基本的で本質的な人事の課題をじっくり学ぶ内容となっています。

【本セミナー5つのポイント】
[1]人事部の役割を押さえた上で、人事・賃金・評価の基本的なフレームワークを学びます
[2]成果獲得に貢献するための人事のあり方、人事制度とその運用方法を学びます
[3]テーマごとのチェックリストに基づいて、自分や自社の現状への理解を深めます
[4]事例によって、人事トレンドをつかむことができます
[5]AIに対応でき、成果獲得に貢献する組織の一員としての自覚と、行動する勇気を促します


講義内容

5月21日(火)10:00〜16:30

1. 人事の成果

・人事の使命とは
・人事の役割とは・・・「期待」「動機づけ」「報いる」
・人事の機能とは
・人事の成果とは
・人事が意識すべき行動とは
◇セルフチェック

2.「期待する」…等級制度、目標設定

(1)等級制度(職能、職務、役割)
・等級制度の仕組みと運用の留意点
・企業理念・風土への適応と社員への影響
・日本企業の年功意識は問題か
・昇格運用こそ、人事全体の最重要課題
・人件費を増加させる根本原因
*事例解説
(2)目標設定
・目標設定は成果と育成の起点
・成功する目標設定の秘訣
◇セルフチェック

3.「動機づける」…人事評価、期中マネジメント

(1)人事評価
・評価の目的は何か
・納得性を高める評価とは
・成果・成長を促すフィードバックの秘訣
・絶対評価、相対評価の適切な使い分け
*事例解説
(2)期中マネジメント
・目標管理の主役は誰か
・セルフ・マネジメントがすべての中心
・上司は目標達成を支援する
・期中マネジメント成功の要諦
 ◇セルフチェック

4.「報いる」…賃金と賞与

(1)賃金制度
・賃金とは何か・・・3つの賃金、3つの視点
・賃金の捉え方・・・賃金データの活用法
・賃金とモチベーションの関係性
・格差賃金の成功は、社員と覚悟と運用力が必要
・事例でみる賃金改善の要点と方法
(2)賞与制度
・賞与とは何か
・賞与の構成要素と方法
・成果主義賃金の成功・失敗の事例紹介
*事例解説
◇セルフチェック

5. 未来人事の重要課題

・AIで代替できない成果獲得能力がある
・新卒10年でマネジャーを育てよう
・優れた部下は「上司をマネジメント」する
◇セルフチェック

 


*社会情勢に合わせてプログラム予定を変更する場合があります。
*講義の進行によっては、順番が前後することもあります。

講師のご紹介

伊勢 俊紀(いせ としのり) 日本賃金研究センター コンサルタント

伊勢 俊紀(いせ としのり) 日本賃金研究センター コンサルタント

1960年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。京セラを経て1994年よりコンサルタント。人事・人材育成コンサルティング(人間尊重の人事・賃金制度、トータル人材システムの制度設計・運用定着支援、評価者研修、目標設定研修、フィードバック研修、未来幹部の強化プログラム、学ぶ組織づくり等)、研修(リーダーシップ強化、チーム力向上、イノベーション強化)を行う。「成果・成長をもたらす人材を増やすこと」を使命としている。

ページトップへ