労働判例 2023年1月1日・15日合併号 No.1275

労働判例 2023年1月1日・15日合併号 No.1275定期購読・試読・web見本誌のお申し込み
新春鼎談

◎労働者派遣法をめぐる裁判例の動向と課題
木下潮音(第一芙蓉法律事務所 弁護士)/中村和雄(市民共同法律事務所 弁護士)/
山本圭子(法政大学 講師)
◎別表 最近の派遣関連判例一覧(平成25年~令和4年)

判例(コメント付)
〜待機場所間違いによる乗継ぎ遅れと賃金控除の可否〜

JR西日本(岡山支社)事件(岡山地裁令 4. 4.19判決)

〜教授に授業を担当させなかったことの債務不履行該当性等〜

学校法人茶屋四郎次郎記念学園(東京福祉大学・授業担当)事件(東京地裁令 4. 4. 7判決)

〜総合職(男性)と一般職(女性)との処遇格差と労基法・均等法違反該当性〜

巴機械サービス事件(東京高裁令 4. 3. 9判決)

判例(労災,派遣,派遣)
〜マーケティングプランナーの自殺の業務起因性〜

国・天満労基署長(大広)事件(大阪地裁令 4. 6.15判決)

〜派遣労働者の雇止めの可否〜

スタッフマーケティング事件(東京地裁令 3. 7. 6判決)

〜派遣先会社での雇用禁止合意と派遣法33条違反の成否〜

バイオスほか(サハラシステムズ)事件(東京地裁平28. 5.31判決)

命令ダイジェスト

◎テイケイ事件(東京都労委令 4. 6.21命令)
◎マテロックス事件(大阪府労委令 3. 5. 7命令)

連載

◎遊筆-労働問題に寄せて
立法資料研究の面白さと難しさ・三題 名古屋大学 名誉教授 和田肇
◎項目別登載判例索引
◎年頭のご挨拶
◎最近,マスコミで報道された「労働判例」等一覧

労働問題実務者必見! こんな方に
  • 弁護士
  • 社会保険
    労務士
  • 企業・団体の
    法務部門
  • 大学法学部・
    法学者
  1. 創刊50年を越える実績
  2. 主要な労働訴訟の判決文を全文掲載し、事案の理解を促進する解説文を記載、「参考判例」で関連する事案を紹介
  3. 過去の判断・判示から、企業の労務管理施策に活かすことができる
労働判例 詳細を見る

ページトップへ