病院賃金改革Q&A

医療

病院経営・管理
病院賃金改革Q&A

■(株)日本経営・編著
■A5判・304頁
■本体価格 1,700円
■ISBN 978-4-87913-996-2 C3047
■発行日 2007年8月

数量:
  • 書籍の価格は税別の本体価格を表示しております。
  • 10冊を超えるご注文は、一旦商品をカートに入れたあとの画面で冊数変更が可能です。

はじめに

まえがき

 私たちの会社である株式会社日本経営の社章には、右肩上がりにのぼる三本の線が描かれています。これは、ダイナミックスリーラインという私たちの使命を表したものです。それは、急速な社会環境の変化の中で、お客様とともに成長していきたいというひたむきな心を強く表現したものであり、併せて無限の宇宙の中に昇華する意味があります。
 三本の線は、それぞれ次の三つの心を表わしています。
   「お客様の発展に対して努力を惜しまないという心」
   「与えられた仕事に真剣に取り組むという積極的な心」
   「メンバーと協力して仕事を円滑に遂行するという連帯的な心」
  株式会社日本経営の経営コンサルタントたちは、このダイナミックスリーラインに表わされる三つの心の使命感に基づいて、お客様と接することを、信条としております。まだまだ努力の途上にありますが、この使命感は忘れないように決意しております。私たちは、この使命感に基づいた「お客様の正しい防衛と正しい経営の発展」が私たちの理念です。
  私たちは、病院・介護施設をドメインとする経営コンサルティングを展開しています。その経営コンサルティング領域の中でも、戦略的な人事・労務領域を専門分野とするコンサルタントが、毎日、お客様からいろいろなご質問やご相談を受けています。そのご質問の内容を総合的に分析してみますと、ご質問に一貫して流れる根底の課題、またその回答の中にある基本原理は、病院経営者や幹部の方々に、日々の組織運営で是非ともご活用いただきたい点が多数あります。
  経営の中で問題になる人事・労務領域のテーマは非常に多岐に及びます。これらの問題に日夜頭を悩せておられる経営者や幹部管理者の方々に、問題解決の指針としていただきたいという願いを込めて編集いたしました。どの部分からも読み進めていただけるようにQ&Aの形式にしました。
  人事・労務分野で生じる諸問題の現象面だけをみていますと、実に煩わしいと思えるようなことが多いものです。この現象に対して本質的にどのような施策を講じるべきかの大前提として、人材育成の思想があるかどうかが大きな分岐点になります。つまり、人に対して「使い捨ての人事」か「育てる人事」かという分岐点です。ぜひとも人を育てる人事を選択し実践していただきたいと願っています。
  この本の原稿は、株式会社産労総合研究所の雑誌「病院経営」に22回にわたり連載してきたものに、日夜、全国を駆け回る若手のコンサルタントたちが、寸暇を惜しんでより実務的な内容に加筆しました。身内ながらよく働く若者たちです。誇りに思います。
  この「Q」については、私たちはお客様への守秘義務の責任を負っておりますので、ご質問そのものを掲載するわけにはいきませんから、質問内容は変えてあります。また、「A」の内容は、読者の方々が現場で活用ができるように実務的な視点を多く取り入れたつもりです。また、若手コンサルタントがコンサルティングの実務の中で感じたコラムも掲載いたしました。お目通しいただき皆様方の実務にお役に立てれば幸いです。
  出版に当たり原稿を整理してみますと、情報が社内に豊富にあることに氣づきました。㈱産労総合研究所の編集の方々には、大変よい機会を与えていただいたと感謝しています。ご助力をいただきましたことをこの場を借りてお礼申し上げます。


2007年8月吉日

関連書籍

ご購入はこちら

ページトップへ