人事実務

人事実務について

2014年1月合併号

企業の推進力として戦略的人事施策に取り組む
経営者・人事担当者にお届けする専門情報誌です。

■創刊 昭和39年(1964年)
■A4判変形/毎号82頁
■毎月1日(月1回発行・年間12冊)
■年間購読料 44,040円(税込)







人事実務が評価されるワケ
・直近の課題に対応する解決策のヒントを掲載!
・長期的な視点から人事施策立案を支援!

働き方改革、キャリア形成、離職防止、高齢者の活用

 「人事実務」の特色

編集方針について

「人事実務」誌では、長期的な視点で、組織の推進力となる戦略的人事施策を見据えながら、人事担当者が直面する日々の課題解決のヒントとなる情報提供を行います。

直面する課題、長期的人事課題

現状認識について

景気状況、労働力の不足、労働者意識等の変化により、人事の仕事は大きく変革していくことが予測されています。「人事実務」誌では、特に「働き方改革」と「キャリア形成支援」の重要性に着目した誌面展開を行います。

特に「働き方改革」と「キャリア形成支援」の重要性が高まっています。

人事実務の特徴について

●「特集」で、最新・最重要テーマを、「連載」で継続的に把握すべき内容を発信します。
●企業事例、独自の企業調査等により、先進的な企業の「取り組み内容」に加え、 「実施の背景や意図」を的確にお伝えします。
●キャリアコンサルティング等の重要テーマについては、関連団体と連携した連載をするなど、より実践的な記事を掲載していきます。

本誌の誌面構成

「人事実務」誌は、毎月、働き方改革や従業員のキャリア支援等に関する重要なテーマについて特集記事を組んでいます。
また、連載記事で様々な事象について解説・情報提供をしています。


  ●特集
   特集では、近年の人事管理における重要課題をタイムリーに設定し、
   詳細な解説記事や、関連する企業・団体等の事例(各2~3社程度)取り上げています。

平成28年度の特集テーマ

  ●連載記事
   連載記事では、人事担当者がふまえておくべき近年の事象について、
   大学教授、弁護士、社会保険労務士、税理士等豊富な執筆陣が解説しています。

平成28年度の連載記事

  ●その他
   その他の情報として、最新の労働判例や関連図書の紹介、国や関連団体等の動きをまとめた
   情報・資料等について情報を提供しています。

その他の記事

  • 無料見本誌のご請求
  • 定期購読のお申し込み
  • お問い合わせ