事例 No.046 カインズ 特集 これからのパート・アルバイト教育
(企業と人材 2016年2月号)

有期社員教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

導入教育は店舗に慣れ親しんでもらう時間
パート社員も商品知識勉強会や新商品の展示会に参加

ポイント

(1)導入研修では、最初の2日間に各店舗でDVD映像と業務マニュアル「テンキショ」を教材とする研修を実施。「チーム・カインズ」のメンバーとして、まずは広い店舗と挨拶・受け答えの仕方に慣れてもらうことを重視。

(2)入社後は、メーカー担当者を招いて行われる「商品知識勉強会」や、年2回本社で開催される自社開発の新商品展示会に参加してレベルアップを図る。展示会での現場の意見を商品の改善に反映することも。

(3)「テンキショ」の拡充を進めるとともに、店舗で実際に使われるよう置き場所にも工夫を凝らす。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ