事例 No.035 住友商事 特集 未来を見据えた企業内大学
(企業と人材 2015年11月号)

企業内大学

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

事業部門と連携してOFF-JTを展開
事業環境の変化に合わせ、SBCのプログラムを柔軟に入れ替え

ポイント

(1)OJTを基本にしながら、本社人事部の人材開発チームと各事業部門に置かれた総括部が連携して教育研修を展開。

(2)本社人事部が提供する教育研修を「住商ビジネスカレッジ(SBC)」に集約。管理職層も「学ぶのがあたり前」という企業風土のなか、年間300講義、受講者延べ1万5,000人という規模に。

(3)事業環境の変化に遅れずスピード感をもってプログラムを見直すために、研修時のヒアリングや総括部との連携強化に努める。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ