事例 No.022 椿本チエイン 特集 事業を支える基礎技能教育
(企業と人材 2015年6月号)

技術技能教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

つばきテクノスクールを中心に
グループをあげて技術・技能教育を推進

ポイント

(1)製品の品質向上、製造現場の安全維持など、モノづくり企業を支えるのは人との考えから、積極的に人材育成に取り組んでいる。

(2)1998年に「つばきテクノスクール」を設立。研修は現場との連動を重視し、中級以上は原則として講座終了後、各現場での課題を設定しその解決に取り組むことを修了の条件としている。

(3)2012年から「つばき技能オリンピック」を毎年開催。各事業部・グループ会社から選抜された出場者が競い合い、現場で働く若手技能職の底上げとともに、各職場の一体感醸成にも大きな効果をあげている。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ