事例 No.021 ヤマハピアノ製造 特集 事業を支える基礎技能教育
(企業と人材 2015年6月号)

技術技能教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

1年間ペアを組んで技能を伝える「From To 運動」を展開
現場リーダー層には2段階の技術学校で体系的に教育

ポイント

(1)ピアノ製造はばらつきのある天然素材を扱う仕事。自らの技量で製品の良し悪しが決まることにやりがいを感じる社風がベースにある。

(2)中堅層へのコア技術の伝承をめざしてスタートしたFrom To 運動。15年が経過し、交流分析の活用や1カ月ごとの進捗確認など、運用面でも進化。

(3)現場リーダーのステップアップには、ヤマハ技術研修所、ヤマハ高等技能学校の卒業が条件となる。体系的な知識教育で現場リーダーの意識を高める。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ