事例 No.080 モリタ 特集 暗黙知を見せる営業教育
(企業と人材 2017年1月号)

営業社員教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

社内教育機関「MDBS」と自社独自の営業資格制度で
営業社員のテクニカル・ビジネス両方のスキル向上をめざす

ポイント

(1)2002年に社内教育機関「MDBS(モリタデンタルビジネススクール)」を設立。「スーパージェネラリスト」の育成をめざし、2012年から再構築に取り組み、人事部門で行っていた階層別研修も統合、社員への教育を推進。

(2)歯科業界、営業、ビジネスマナーなど、モリタの営業社員として知っておくべき知識を体系的に学べるオリジナルのテキストを整備。それをもとに「営業資格制度(社内検定)」を2016年度からスタート。

(3)営業資格制度は3段階に分けられており、3級は同社社員として仕事をするうえでの基本レベルとなる。2、1級はテクニカル・ビジネスの両スキルをみるものであり、自社試験と外部の公的試験によって判定。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ