事例 No.089 マツダ 特集 広島の人材育成に学ぶ
(企業と人材 2017年3月号)

組織開発

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

共創によるイノベーションをめざし、
部門を超えた対話でブランド価値への理解を深める施策を展開

ポイント

(1)若手の段階から、各領域の専門性を磨くとともに、多様な人材と仕事をするうえでの共通言語となる課題形成力を身につけさせ、共創によるイノベーションをめざす。

(2)「マツダ・ビジネスリーダーデベロップメントプログラム(MBLD)」は、3階層に分かれて全社員が参加。部長以上が対象の第1カスケード/ディスカッションでは、600人が100テーブルに分かれてブランド価値経営を議論。

(3)役員・本部長が塾長となり、各部門から選抜された塾生に自身の経験や思いを語る「マツダ塾」。修了後には、塾生が学んだことを若手に語る「子塾」も実施。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ