事例 No.039 コンピューターサイエンス 事例レポート(組織開発)
(企業と人材 2015年12月号)

組織開発

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

部門長らによるチームコーチングで
本質的な課題を発見・共有する

ポイント

(1)本質的な課題に対する危機感からチームコーチングを導入。部門長が集まって組織の壁を越えた議論を始めることから取り組むことに。

(2)第1期チームコーチングでは、本音の議論から自分たちの組織に辛辣な定義がなされ、そこから現状打破のための「チームTaSuKi」の活動が生まれる。

(3)メンバーの入れ替えを経た第2期チームコーチングでは、「自ら成長することで変革をリードする」とのミッションが生まれ、中期経営計画策定に結実。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ