事例 No.098 KDDI 特集 着実に進める次世代育成
(企業と人材 2017年6月号)

経営幹部育成

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

半年間業務から離して英語研修に専念させる「GIP」と
1年間役員につく「役員補佐制度」で次世代幹部を育成

ポイント

(1)2015年に、幹部候補向け英語研修「GIP(GlobalIntensiveProgram)」を導入。部長クラスを中心とする受講生を半年間業務から引き離し、英語漬けにして鍛え上げる。

(2)2011年からは、1年間役員について業務を間近で見ながら経営手法や経営の視野・視点を学ぶ「役員補佐制度」を実施。女性活躍推進の意味も含む。

(3)部長クラスを対象に、経営知識などを学ばせる新プログラムを開始。さまざまなルートで経営幹部候補を育て、経営を担える人材のプール化を進める。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ