事例 No.130 JR東日本テクノハートTESSEI 特集 気づいて動く接遇を学ぶ
(企業と人材 2018年2月号)

接客教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

ユニフォーム変更がきっかけでスタッフの意欲が向上
「エンジェルリポート」によっておもてなしの心を共有

ポイント

(1)「さわやか、あんしん、あったか」空間の創造をCS行動規範として掲げ、スタッフに、清掃だけでなく利用客へのおもてなしの心をもってもらうよう育成。清掃業からおもてなしサービス業への転換を図る。

(2)スタイリッシュなユニフォームに変更したことがきっかけとなり、スタッフの意欲や能力が向上。また、スタッフのよいところを伝える「エンジェルリポート」によって、互いを認め合う文化を育む。

(3)新幹線車両を再現した研修設備を利用し、新人に対して清掃技術やマナー研修などを実施。また、他企業と合同で開催する「おもてなしプロジェクト」に若手社員が参加し、おもてなしの心を学ぶ。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ