事例 No.127 ベアーズ 特集 気づいて動く接遇を学ぶ
(企業と人材 2018年2月号)

接客教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

お客さま感動度120%をめざし、「ベアーズフィロソフィー」で
理念を共有し、“ベアーズびと” になる

ポイント

(1)企業理念のもと、「ベアーズフィロソフィー」として定めた言葉をテーマにお互いに話し合い、社員どうしで気持ちや哲学を共有。

(2)現場のスタッフは7つのステップを踏んだ研修で、フィロソフィーや知識・技術を学ぶ。サービスに満足してもらう(=100%)のは当然で、感動してもらう(=120%)をめざす。

(3)「人生という名のものさしで、プランニングすることが必要」。評価の際は、キャリアプランとともにプライベートのライフプランも提出してもらい、一緒に目標を設定する。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ