事例 No.135 川崎信用金庫 事例レポート(新入社員教育)
(企業と人材 2018年3月号)

新入社員教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

メンター制度の導入によって、新人と
先輩双方が成長し育て合う風土を醸成

ポイント

(1)2015年度より、「メンター制度」を導入。メンター(職場の異なる先輩職員)がメンティ(新入職員)の専属の相談役として、仕事や私生活の悩みや不安を聞き、アドバイスする。

(2)メンティに対して、メンターは月1回の面談に加え、週1回以上、電話やメールで連絡を取ってフォローする。また、メンターに対しては、毎月の面談結果報告や、メンター同士の悩みを共有するフォロー研修でサポート。

(3)メンター制度が、新人のネットワーク構築や、管理職登用を見据えた先輩職員の指導能力向上の場になり、お互いが成長し育て合う風土の醸成につながる。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ