事例 No.092 清水建設 特集 一緒に育てる女性活躍教育
(企業と人材 2017年4月号)

ダイバーシティ教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

女性社員のネットワークづくり、男性上司向け研修などで
女性活躍への理解を深め、社内の意識・行動変化を促す

ポイント

(1)長期ビジョン「Smart Vision 2010」による事業領域拡大を受け、人材ニーズも多様化へ。2009年にダイバーシティ推進室を設置する。

(2)先輩女性社員がトレーナーとなって指導する「女性社員フォローアップ研修」で同性同士の絆を深める。毎年テーマを変えて開催する「女性活躍推進フォーラム」には、国内外の女性約300人が集う。

(3)男性上司は、「女性活躍推進マネジメント研修」で女性に対する理解を深める。そのほか、部下の立場になって考える「イクボスセミナー」などで、男性側の意識も変革していく。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ