事例 No.152 石屋製菓 特集 北海道の企業文化と人材育成
(企業と人材 2018年8月号)

中堅社員教育

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

新たに導入した階層別研修を中心に人材育成施策を展開
理念に沿って次代を担う人材を育成

ポイント

(1)「しあわせをつくるお菓子」を企業理念とし、お客さま、地域、従業員の幸せのために何ができるのか、多面的な視点で物事を考えられる人材になってもらうことをめざし、育成に注力する。

(2)2007年に教育制度を改革し、階層別研修を中心に人材育成施策を進める。入社1年目から課長までを対象に実施。課長よりも上の役職者には、外部講座などに参加して他企業のさまざまな考え方に触れてもらうようにしている。

(3)社員のモチベーションアップを図り、広い意味での育成にもつながる仕組みとして、表彰制度を設けている。毎年、副部長以上の幹部が、活躍した社員を推薦し、サプライズで表彰。社長賞の受賞者は、海外研修に派遣される。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ