事例 No.058 大阪ガス 事例レポート(キャリア開発)
(企業と人材 2016年5月号)

キャリア開発

記事の内容およびデータは掲載当時のものです。

フォローアップ研修に個別面談を組み込み
若年層社員の成長を継続的に見守る

ポイント

(1)2011年に人事制度を改定し、将来めざすべき人材像に対応した4つのキャリアコースを設定。各コースごとに明確化された役割期待を基準に育成・評価する仕組みに。

(2)入社から3年目までの期間に、継続的な若年層研修を実施。毎回必ず個人面談を組み込み、繰り返し成長状況とモチベーションの確認を行う。

(3)新たに取り入れた若手キャリア研修では、各事業部の中核で活躍する人材に、自部門の事業の概要とその魅力、身につけておくべきものなどを語ってもらい、若手社員の視野を広げる契機に。

記事本文は掲載を終了いたしました。
企業事例集トップへ
バックナンバーの販売について
企業研修に特化した唯一の雑誌! こんな方に
  • 企業・団体等の
    経営層
  • 企業・団体等の
    教育研修担当者
  • 労働組合
  • 教育研修
    サービス提供者
  1. 豊富な先進企業事例を掲載
  2. 1テーマに複数事例を取り上げ、先進企業の取組の考え方具体的な実施方法を理解できます
企業と人材 詳細を見る

ページトップへ