中小企業のための職務給の実務

人事

賃金・賞与・退職金
中小企業のための職務給の実務

右肩上がりの賃金体系を維持できない昨今、職務給が注目されている。労働コストを削減したい経営者に贈る、時間と手間と費用のかからない職務給の解説書。

■滝沢算織・著
■四六判・295頁
■本体価格 1,800円
■ISBN 978-4-87913-661-9 C2034
■発行日 1998年5月

数量:
  • 書籍の価格は税別の本体価格を表示しております。
  • 10冊を超えるご注文は、一旦商品をカートに入れたあとの画面で冊数変更が可能です。

目次

第1章 中小・中堅企業の特徴と職務給
 ・ 賃金体系モデルチェンジの担当者不足
 ・ 日常業務遂行場面における特徴
 ・ 中小・中堅企業に適応する職務給導入手法
第2章 職務給への理解
 ・ 職務給とは何か
 ・ 職務給と職能給の違い
 ・ 職務給導入手順の概要
 ・ 四種類の職務評価手法
 ・ ジョブグレードの設計
 ・ 職務給テーブルの種類
第3章 中小・中堅企業のジョブグレード設計手法
 ・ 職務調査と職務評価を省略する方法
 ・ 職種別、職群別、職務別グレード設定
 ・ 職務基準書を「行動基準自己判定」で代買え
 ・ 職務評価を行うのは誰か
 ・ 社員一人ひとりをグレードへ格付けるルール
 ・ グレードのアップ・ダウンの判定方法
第4章 中小・中堅企業の職務評価と職務給テーブル作成手法
 ・ 現行職務確認作業
 ・ 職務評価項目の選定とウエイト設定
 ・ クラシファイ基準書
 ・ 職務ごとの評価点決定
 ・ 賃率計算と職務給テーブル作成手法
第5章 職務給体系の運用
 ・ テーブルからはみ出した場合の措置
 ・ 毎年の評価と職務給への反映方法
 ・ グレードアップ・ダウンの給与取り扱い
 ・ ベース変更の方法
第6章 製造業・下請工事業・小売業・飲食業の導入事例
 ・ 製造業C社の概況と賃金体系改定の背景
 ・ 職務給体系導入のための職務分析作業の実際
 ・ 職務給テーブル作成に至る手順
 ・ C社職務給体系の運用実態
 ・ 下請工事業K社の導入事例
 ・ 小売業M社の導入事例
 ・ 飲食業R社の導入事例
付属資料
資料1 賃金規程(株式会社K社)
資料2 職務等級規程(株式会社K社)
資料3 人事体系(制度と運用)の改訂方向(株式会社M社)
資料4 賃金体系の改訂方向(株式会社M社)
資料5 人事考課制度の改定方向(株式会社M社)

関連書籍

ご購入はこちら

ページトップへ