改訂8版
会社規程総覧

書籍概要

改訂8版 会社規程総覧

■経営書院・編
■B5判・634頁
■本体価格 9,000円
■ISBN 978-4-86326-039-9 C2034
■発行日 2009年2月

※書籍の価格は税別の本体価格を表示しております。
◆10冊を超えるご注文は…
 一旦商品をカートに入れたあとの画面で、冊数変更が可能です。
 

数量:



 

目次

はじめに
本書を利用される方に
1 社是・社訓・経営理念
  <コメント>社是・社訓・経営理念
  社是・社訓とは/制定のメリット/社是・社訓と会社の社会的責任

   ヤマトホールディングス
   新井組
   東レ
   三菱重工
   日清食品株式会社
   東芝グループ
   熊谷組
   小田急グループ
   王子製紙グループ
   相鉄グループ
   セコム

2 企業行動憲章
  <コメント>企業行動憲章
  企業行動憲章とは/企業行動憲章の内容/原因の究明と再発の防止/説明責任と関係社員の処分

   ヤマトホールディングス
   新井組
   東レ
   日本郵船
   阪神電気鉄道
   鹿島

3 株主総会・取締役会に関する規程
  <コメント>株主総会・取締役会等に関する規程
  定款/株主総会・取締役会に関する規程

   定款〔IG堂・スーパー・従業員一、二〇〇人〕
   株主総会議事規則〔HJ工業・電子光学・従業員一、五〇〇人〕
   株主総会規程〔SH屋・小売業・従業員四二〇人〕
   株主総会規程〔KK情報サービス・情報システム業・従業員二四〇人〕
   取締役会規程〔MS機械・機械製造・従業員三二〇人〕
   取締役会規程〔TU不動産・不動産業・従業員一二〇人〕
   取締役会規程〔WAビルサービス・ビル管理業・従業員四五〇人〕
   常務会規程〔KU製薬・製薬業・従業員一、三〇〇人〕
   常務会規程〔ITツーリスト・旅行業・従業員二九〇人〕
   常務会規程〔GZ商事・商社・従業員八〇〇人〕

4 役員制度に関する規程
  <コメント>役員制度に関する規程
  取締役/監査役/会計参与

   役員就業規則〔TK商社・従業員四〇〇人〕
   役員の執務規則〔SP電子・従業員六〇〇人〕
   役員規程〔YKホール・従業員四五〇人〕
   役員勤務規程〔CD堂・従業員三〇〇人〕
   取締役規程〔RE産業・従業員三八〇人〕
   取締役規程〔KK運輸・従業員二、三〇〇人〕
   監査役規程〔NK商事・従業員五六〇人〕
   監査役規程〔FD建物・従業員二、八〇〇人〕
   会計参与規程〔SA警備・従業員八〇人〕
   会計参与規程〔KO建設・従業員四五人〕

5 役員報酬・退職金に関する規程
  <コメント>役員報酬・退職金等に関する規程
  報酬/退職慰労金

   役員報酬規程〔DE社・従業員四五〇人〕
   役員の報酬・賞与に関する規程〔AM商事・従業員三〇〇人〕
   役員退職慰労金支給規程〔AD電気・従業員五〇〇人〕
   役員退職慰労金支給規程〔PO電機・従業員二五〇人〕
   役員退職慰労金支給規程〔SG金属・従業員三五〇人〕
   役員退職慰労金支給規程〔KE工業・従業員二八〇人〕
   役員旅費規程〔MJ薬品・従業員八〇〇人〕
   役員・社員社葬取扱要項〔GS製作所・従業員六〇〇人〕

6 執行役員に関する規程
  <コメント>執行役員に関する規程
  執行役員制度の趣旨/執行役員制度の効果/執行役員の選任基準

   執行役員規程(TN産業・商社・従業員三〇〇人)
   執行役員規程(ZS出版・出版業・従業員二三〇人)
   執行役員就業規則(NSビジネス・情報処理・従業員五二〇人)
   執行役員職務権限規程(KN銀行・金融業・従業員六八〇人)
   執行役員報酬・賞与規程(MU不動産・不動産業・従業員一一〇人)
   執行役員退職慰労金規程(KT設備・ビル管理業・従業員八五〇人)
   執行役員退職慰労金規程(AS食品・製造業・従業員一七〇人)
   執行役員退職慰労金規程(SK百貨店・小売業・従業員四二〇人)
   執行役員報酬・退職慰労金規程(KG警備保障・サービス業・従業員六六〇人)
   執行役員会規程(WU放送・放送業・従業員三四〇人)

7 経営組織運営に関する規程
  <コメント>経営組織運営に関する規程
  経営組織関係規程の整備/経営組織運営に関する規程

   経営計画作成および管理規程〔NC工業・輸送機械・従業員一、八〇〇人〕
   規程管理規程〔SK精工・精密機械製造・従業員八五〇人〕
   組織規程〔AK電子・電子部品製造・従業員五〇〇人〕
   業務分掌規程〔KT鉄工・鉄工業・従業員一、七〇〇人〕
   職務分掌規程〔 〃 〕
   職務権限規程〔TK繊維・繊維製造・従業員七〇〇人〕
   資格規程〔AIC電機・計器製造・従業員五、〇〇〇人〕
   職能資格規程〔MHベルト・皮革・従業員五〇〇人〕
   職能規程〔OM機械・機械製造・従業員一、二〇〇人〕
   決裁規程〔TK鉄工・鉄工業・従業員一、七〇〇人〕
   稟議規程〔YZ精機・精密機器製造・資本金一億円・従業員四〇〇人〕
   印章管理規程〔FD電算機センター・計算センター・従業員三〇〇人〕
   社長印使用規程〔SH商事・商社・従業員三〇〇人〕
   文書取扱規程〔KJ電子・電子工業・従業員六〇〇人〕
   秘密文書取扱規程〔RS化学・化学製品製造・従業員七〇〇人〕
   報告書管理規程
   会議規程〔JD機器・輸送機器・従業員七〇〇人〕
   部長会議規程〔MI金属・金属製品製造・従業員七〇〇人〕
   内部監査実施規程〔HM・精密機械製造・従業員一、五〇〇人〕
   得意先等への慶弔金支給基準〔SW電機・電気機器製造・従業員三、二〇〇人〕

8 雇用管理に関する規程
  <コメント>雇用管理に関する規程
  絶対的記載事項/相対的記載事項/任意記載事項

   就業規則①〔複線型雇用関係〕〔HN不動産・不動産・外食サービス業・従業員四五〇人〕
   就業規則②〔YS機器・機械器具製造・従業員八〇人〕
   派遣アシスタント就業規則③〔株式会社SF・人材派遺業・従業員七〇〇人〕
   (モデル)就業規則((社)全国労働基準団体連合会作成)
   定年延長に伴う高齢者の取扱い内規〔SR電機・電気機器製造・従業員四、〇〇〇人〕
   定年退職者勤務延長および再雇用規程〔KD商事・従業員六五〇人・内勤務延長者九人・再雇用二六人〕
   嘱託規程①〔SM機器・従業員二五〇人・うち嘱託一五人〕
   定年嘱託規程②〔RD自動車部品・輸送用機器・従業員五〇〇人〕内嘱託三〇人
   在宅勤務規程〔AM出版・従業員二四〇人〕
   嘱託規程③〔HJ商事・商事会社・従業員一四〇人〕内嘱託一五人
   早期退職優遇規程〔TS商事・従業員三五〇人〕
   選択定年制度運用基準〔ST自動車・自動車販売・従業員二五〇人〕
   他会社の派遣従業員受入規程〔AKデパート・デパート・従業員四、〇〇〇人〕
   社員配置および登用規程〔MK化成・化学工業・従業員一、五〇〇人〕
   出向規程〔YK電機・測器製造・従業員一、七五〇人〕
   海外出向規程〔OS商事・商社・従業員六〇〇人〕
   参考①会社間の出向協定書(給与は出向元支払)
   参考②会社間の出向協定書(給与は出向先支払)
   参考③会社間および本人、三者の出向協定書(出向に関する覚書)
   参考④会社間の派遣協定書(派遣に関する覚書)
   転勤取扱規程〔TR工業・機械製造・従業員三〇〇人〕
   配置転換取扱規程〔株式会社SK堂・薬品小売業・従業員六〇人〕
   人事考課規程①〔SH光学・光学機械・従業員三、〇〇〇人〕
   人事考課規程②〔AS電子・電子部品製造・従業員一八〇人〕
   自己申告制度要綱〔MD工業・精密機械・従業員八〇〇人〕
   報賞懲戒規程〔HK興行・サービス業・従業員二五〇人〕
   表彰規程〔TC機械・機械製造・従業員三〇〇人〕
   永年勤続者表彰規程〔HGゴム・ゴム製造・従業員二五〇人〕
   賞罰委員会規程〔RK商事・商社・従業員一、三五〇人〕
   宿直規程〔TS電器・電気機器製造・従業員八〇〇人〕
   フレックスタイム制規程〔ST・情報産業・従業員四六〇人〕
   交替制シフト勤務規程〔HSデパート・デパート・従業員三、五〇〇人〕
   社員バッチ取扱規程①〔OR食品・食品販売業・従業員二八〇人〕
   社章着用規程②〔OMホテル・従業員一八〇人〕

9 育児休業・介護休業等に関する規程
  <コメント>育児休業・介護休業等に関する規程
  育児休業/介護休業

   育児休業規程(KU電気・製造業・従業員二、一〇〇人)
   育児休業に関する労使協定(KU電気・製造業・従業員二、一〇〇人)
   育児休業規程(RMトラベル・旅行業・従業員三七〇人)
   育児短時間勤務規程(OW広告・広告業・従業員一四〇人)
   育児従業員時間外労働免除規程(YS銀行・金融業・従業員三五〇人)
   通院休暇規程(FFホーム・社会福祉施設・従業員二五人)
   看護休暇規程(KU電気・製造業・従業員二、一〇〇人)
   看護休暇に関する労使協定(KU電気・製造業・従業員二、一〇〇人)
   配偶者出産休暇規程(SS情報・ソフト開発・従業員二〇〇人)
   介護休業規程(KU電気・製造業・従業員二、一〇〇人)
   介護休業に関する労使協定(KU電気・製造業・従業員二、一〇〇人)
   介護休業規程(FDコンサルタント・サービス業・従業員二八〇人)

10 パートタイマー等に関する規程
  <コメント>パートタイマーに関する規程
  パートタイマー雇用のメリット/雇用管理上の留意点

   パートタイマー就業規則①〔MK電子・電子部品製造・従業員一八〇人・内パート二五人〕
   パートタイマー就業規則②〔SS機器・機器製造・従業員二五〇人・内パート四〇人〕
   準社員就業規則③〔CIC技研・従業員三八〇人・内パート四〇人〕
   再雇用規程(例1)〔TIデパート・小売業・従業員三、五〇〇人〕
   再雇用規程(例2)〔MB出版・出版業・従業員一四〇人〕
   定時社員協定〔SM堂・小売業・従業員二、一〇〇人〕
   パートタイマー賃金規則〔AS商事・流通業・従業員三八〇人・内パート三〇人〕
   パートタイマー退職金規程〔YS精密機械・従業員一八〇人・内パート四〇人〕

11 賃金・退職金・出張に関する規程
  <コメント>賃金・退職金に関する規程
  就業規則と賃金・退職金/記載しなければならない事項/賃金規程作成の留意点/退職金規程作成の留意点

   給与規程①〔ST電子・電子部品・従業員七〇〇人〕
   給与規程②〔HN不動産・不動産業・従業員四五〇人〕
   賃金規則③〔AK商会・事務用品販売・従業員四〇人〕
   昇給取扱規程〔SW油機・油圧機器製造・従業員二五〇人〕
   営業社員給与細則〔AM建設・建設・不動産業・従業員六〇〇人〕
   扶養手当支給規程〔TK光学・光学機械・従業員一、五〇〇人〕
   別居手当支給規程〔SKゴム・ゴム製造・従業員一、五〇〇人〕
   作業手当支給規程〔RT自動車機器・自動車部品製造・従業員八〇〇人〕
   寒冷地手当支給規程〔SK薬品・薬品製造販売・従業員五〇〇人〕
   残業・徹夜勤務食事代支給規程〔NV音響機器・電気機器・従業員一、八〇〇人〕
   通勤手当支給規程〔KS建設・建設業・従業員四〇〇人〕
   通勤手当支給規程(新幹線利用を含む)〔SRケミカル・化学・従業員七〇〇人〕
   新幹線通勤定期券支給規程〔AJ不動産・不動産業・従業員三〇〇人〕
   住宅手当支給規程〔FS商事・商社・従業員五〇〇人〕
   管理職手当支給規程〔MR商事・商社・従業員三〇〇人〕
   単身赴任手当支給規則〔KM製作所・工作機器・従業員三、〇〇〇人〕
   時間外勤務手当支給規程〔SP化学・化学製品製造業・従業員四〇〇人〕
   営業マン時間外取扱規程〔BH製薬・薬品製造販売・従業員三〇〇人〕
   外勤手当支給基準〔MS皮革・皮革製造・従業員二〇〇人〕
   賞与支給規程〔BM食品・食品製造販売・従業員六五〇人〕
   賞与に関する規程〔AK精機・精密機械製造・従業員八〇人〕
   成果配分規程〔SMスーパー・小売業・従業員一、三〇〇人〕
   退職金支給規程(大企業)〔SM化学・化学製造業・従業員一、五〇〇人〕
   退職金支給規程(社内規程と中退金併用の場合)〔TP電子・電子工業・従業員九〇人〕
   退職金規程(中小企業退職金共済事集団契約によるもの)〔AK商事・卸売業・従業員三〇人〕
   退職金支給規程(社内規程と企業年金の併用)〔AS染織・染色業・従業員一六〇人〕
   退職金規程(企業年金制度による場合)〔FK建設・建設業・従業員四〇人〕
   退職金支給規程①(ポイント方式)〔SR製本・製本業・従業員八〇人〕
   退職金規程②(ポイント方式)〔FD電子・電子部品製造・従業員一八〇人〕
   退職年金規程〔FM精工・精密機械・従業員三、八〇〇人〕
   出張旅費規程〔MT信用組合・金融業・従業員二〇〇人〕
   海外出張規程〔PR食品・食品製造販売・従業員四〇〇人〕
   海外駐在員規程〔SS商事・卸売業・従業員三〇〇人〕
   海外渡航規程

12 福利厚生に関する規程
  <コメント>福利厚生に関する規程
  社宅管理規程の留意点

   社宅管理取扱規程〔HD工業社・機械器具・従業員八〇〇人〕
   家族寮管理規程〔〃〕
   賃貸社宅規程〔BX化学・化学工業・従業員一、六〇〇人〕
   寄宿舎規則(寮規則)〔TS商店・卸売業・従業員二〇〇人〕
   独身寮管理規程〔TKグループ物品販売・従業員八五〇人〕
   持家借上げ取扱規程〔SG工業・機械・従業員七〇〇人〕
   厚生貸付金規程〔TN機器・機械製造・従業員二五〇人〕
   住宅ローン利子補給規程〔WK薬品・薬品製造・従業員三七〇人〕
   慶弔見舞金規程〔EF食品・食品製造販売・従業員二〇〇人〕
   弔慰金規程〔TKグループ物品販売・従業員八五〇人〕
   子女奨学金規程〔OS薬品・薬品製造・従業員三五〇人〕
   奨学金支給規程〔KH化成・化学工業・従業員五〇〇人〕
   制服貸与規程〔SP機械・機械製造・従業員三、〇〇〇人〕
   社員集会所利用心得〔TU鉄工・金属製品製造・従業員五〇〇人〕
   保養所利用規程〔SSハウス・住宅産業・従業員四〇〇人〕
   定年慰労旅行取扱規程〔SR電子・電子部品製造・従業員三〇〇人〕
   永年勤続旅行取扱細則〔ST薬品・化学製品製造業・従業員一、二〇〇人〕

13 財産形成に関する規程
  <コメント>財産形成に関する規程
  勤労者財産形成の意義/各制度の留意点

   社内預金管理規程〔TM自動車・自動車製造・従業員四、〇〇〇人〕
   預金保全委員会規程〔AY出版・出版・従業員三〇〇人〕
   住宅資金貸付規程〔WK硝子・硝子製造・従業員四五〇人〕
   財産形成貯蓄制度規程〔FS・金属製品製造・従業員五五〇人〕
   財産貯蓄住宅融資規程〔AB電機・電気機器製造・従業員五〇〇人〕
   財形貯蓄多目的ローン規程〔HF薬品・薬品製造・従業員一、三〇〇人〕
   財形持家転貸融資規程〔CH商事・卸売業・従業員二五〇人〕
   厚生年金転貸融資制度規程〔HI薬品・薬品製造・従業員一、三〇〇人〕
   従業員持株制度約款〔MK電子・電子部品製造業・従業員六五〇人〕
   <参考>MK電子工業財産形成貯蓄(持株コース)規則

14 共済・互助に関する規程
  <コメント>共済・互助に関する規程
  共済・互助会規約(会則)作成の留意点

   生涯福祉共済会規約〔YH生涯福祉共済会・会員三、〇〇〇人〕
   共済制度運営委員会規程〔YHグループ・会員三、〇〇〇人〕
   遺族・癈疾共済制度規程〔〃〕
   疾病共済制度運営規約〔〃〕
   AS会会則〔AS会・会員八〇人〕
   親睦会会則〔GS製作所・親睦会・会員一八〇人〕
   ST共済会規約〔ST・従業員二〇〇人〕
   JSR体育文化会規約〔JSR体育文化会・会員一、五〇〇人〕
   遺族給付制度実施要綱〔FF共済会・会員二、〇〇〇人〕
   障害年金規程〔NG共済会・会員三、五〇〇人〕
   遺児年金規程〔〃〕
   家事援助制度実施要綱〔FF共済会・会員二、〇〇〇人〕
   交通費立替規程〔TS商事互助会・会員四三〇人〕
   家族療養見舞金支給規程〔〃〕
   人間ドック実施に関する規程〔〃〕

15 能力開発等に関する規程
  <コメント>能力開発等に関する規程
  人材養成・能力開発の教育訓練の実態と対応/自己啓発の促進
  援助/能力開発と規程

   教育規則〔HY電子・電子製品製造・従業員七五〇人〕
   社員教育実施規程〔NK電機・電気機器・従業員一、四〇〇人〕
   新入社員現場教育実施要項〔OH精機・精密機械・従業員三〇〇人〕
   キャリア開発研修手続規程〔KM化学・化学製品製造・従業員六〇〇人〕
   中央研修会等参加者取扱要領〔TK技研・金属製品製造・従業員二、〇〇〇人〕
   人材育成委員会規程〔SD精工・精密機器・従業員八〇〇人〕
   研修休職規程〔TIデパート・小売業・従業員三、五〇〇人〕
   通信教育制度要項〔HD工業・機械器具・従業員八〇〇人〕
   公的資格取得報奨規定〔DN精機・精密機械・従業員八〇〇人〕
   自己啓発援助制度〔ST電機・電気機器製造業・従業員六、五〇〇人〕
   自己啓発援助規程〔TR食品・食料製造販売・従業員三五〇人〕
   自己申告制度運営要領〔YS電機・電気機器製造・従業員八〇〇人〕
   外国留学規程〔TS製綱・鉄鋼業・従業員一五、〇〇〇人〕
   提案規程〔MB事務器・事務用品製造・従業員八〇〇人〕
   提案規程〔KW機器・冷暖房機器製造・従業員三八〇人〕
   提案委員会規程〔PS化成・化学製品製造・従業員二五〇人〕
   開発規程〔US鉄工・金属製品製造・従業員七〇〇人〕
   発明考案取扱規程〔 〃 〕
   工業所有権管理規程〔MB事務器・事務用品製造・従業員八〇〇人〕
   資格免許取扱規程〔TY化学・化学製品製造・従業員六〇〇人〕
   効率化推進委員会規程〔KP機械・機械器具製造・従業員三〇〇人〕
   品質管理委員会規程〔KP機械・機械器具製造・従業員三〇〇人〕
   苦情処理手続規程〔FC電気・電気機器製造・従業員二五〇人〕
   生産協議会規程〔KB発動機・発動機製造・従業員四〇〇人〕
   QCC活動食事代支給基準〔KS化粧品・化粧品製造販売・従業員七〇〇人〕
   事務合理化委員会規則〔YSW社・電気機械製造・従業員二、八〇〇人〕

16 安全・衛生に関する規程
  <コメント>安全・衛生に関する規程
  安全衛生管理に関する規程

   安全衛生管理規程〔MB事務器・事務用品事務用機器製造・従業員八〇〇人〕
   安全衛生委員会規程〔US鉄工・金属製品製造・従業員七〇〇人〕
   産業用ロボット安全規則〔MBS電機・電気機器製造・従業員一五、〇〇〇人〕
   産業用ロボット「安全マニュアル」〔YS電機・電気機器製造・従業員六、〇〇〇人〕
   快適職場推進委員会規程〔HN興産・金属製品製造業・従業員九〇人〕
   防火管理規則〔YP機械・機械製造・従業員三〇〇人〕
   非常災害防衛規程〔CG化学・化学工業・従業員七〇〇人〕
   安全衛生標識規程〔RM自動車工業・自動車製造・従業員一、三〇〇人〕
   業務災害附加給付規程〔TO化学・化学製品製造・従業員四五〇人〕
   遺族年金支給規程〔TC薬品・製薬・従業員七五〇人〕
   通勤災害見舞金支給規程〔 〃 〕
   食堂管理規程(直営型)〔WO薬品・製薬・従業員四〇〇人〕
   食堂管理委員会規程〔 〃 〕
   給食規程(委託型)〔SMS製作所・電子部品・従業員一三〇人〕

17 自動車に関する規程
  <コメント>自動車に関する規程
  自動車管理規程の必要性/規程に盛り込む内容

  車輛管理規程(TB販売・美容機器用品販売・従業員四〇〇人)
   自動車管理規程(SK商事・卸売業・従業員三五〇人)
   マイカー通勤規程(TE精密・製造業・従業員五三〇人)
   通勤車輛管理規程(TC薬品・製薬業・従業員七五〇人)
   マイカー業務使用規程(DM商事・卸売業・従業員四一〇人)
   駐車場管理規程(EG製薬・製造業・従業員二九〇人)
   交通事故処理手続規則(TB販売・美容機器用品販売・従業員四〇〇人)
   事故処理委員会規則(TB販売・美容機器用品販売・従業員四〇〇人)
   自動車運転免許に関する規程(SW食品・食品流通業・従業員二五〇人)

18 個人情報の管理に関する規程
  <コメント>個人情報の管理に関する規程
  個人情報保護法の施行/個人情報管理規程の作成

   顧客情報管理規程(KO商事・小売業・従業員六七〇人)
   顧客情報取扱規程(BMサービス・サービス業・従業員一一〇人)
   顧客情報管理規程(YS電器・小売業・従業員八〇〇人)
   お客さま個人情報管理規程(ANホテル・ホテル業・従業員五〇人)
   顧客リスト管理規程(TM薬品・小売業・従業員四八〇人)
   お客さま個人情報苦情処理規程(スーパーCO・小売業・従業員四五〇人)
   顧客情報廃棄規程(KK住宅販売・不動産業・従業員六〇人)
   顧客情報流出対策規程(MM自動車販売・小売業・従業員四三〇人)

はじめに

企業は、社会に役立つ商品・サービスを生産・販売することによって利益を上げることを目的とする組織である。
どの業界においても、企業間の競争にはきわめて激しいものがある。そのような状況の中で企業が利益を創出するためには、役員・従業員が一定の基準にしたがって組織的・計画的に行動することが必要である。
役員・従業員が、個人的にはいくら優秀であっても、また、いくら勤労意欲が高くても、各人がそれぞれバラバラに行動したのでは、企業全体としての生産・販売コストがいたずらに高くなり、利益を上げることは不可能である。
企業を構成する役員・従業員が組織的・計画的に行動するためには、「行動の拠りどころとなる基準」が存在し、その基準が構成員に周知徹底されていなければならない。その「行動の拠りどころ」となるものを文章で体系的に表現したものが、「社内規程」「会社規程」である。企業経営を効率的・組織的に展開していくうえで、「社内規程」、「会社規程」はきわめて重要である。
社内規程・会社規程は、役員・従業員の行動を律し、職場の秩序を維持するものであるから、合理的に作成されることが求められる。
また、複数の社内規程・会社規程が作成される場合には、それぞれの規程が相互に整合的でなければならない。
社内規程・会社規程に合理性・整合性が欠けると、「職場の秩序が乱れる」、「生産・販売コストが上昇する」、「勤労意欲が低下する」、「トップの指示命令が正しく従業員に伝わらない」など、さまざまな支障が生じる。
さらに、当然のことながら、社内規程・会社規程は、法令に即したものでなければならない。「人件費を少しでも軽くしたい」「優れた人材の流出を防ぎたい」といって、法令に違反する規程を作成することは、絶対に許されない。
法令に違反した内容の規程を作成すると、企業の責任を問われると同時に、企業の社会的信用を失墜させる。
規程を作成するときは、その規程に関連した法令の内容を精査し、法令に違反しないようにしなければならない。
本書は、企業において実際に使用されている、模範的な規程を紹介したものである。
規程は、従業員規模や業種など、企業の実態に即して作成されることが望ましい。規程は、役員・従業員に適用されるものであるから、企業の実態から遊離した規程を作成しても、あまり意味はない。
本書が社内規程の作成および見直しにおいて、少しでも参考になり、役に立つことができれば誠に幸いである。

経営書院

関連書籍

関連するテーマで探す
  • カートに入れる
  • お買い物ガイド
  • お問い合わせ