メンタルヘルスハンドブック

書籍概要

メンタルヘルスハンドブック

■産労総合研究所・編
■B5判/286頁
■本体価格 8,500円
■ISBN 978-4-86326-100-6 C2032
■発行日 2011年6月

※書籍の価格は税別の本体価格を表示しております。
◆10冊を超えるご注文は…
 一旦商品をカートに入れたあとの画面で、冊数変更が可能です。
 

数量:



 

目次

  • 第1部 ケーススタディ編
    • ケースに学ぶメンタルヘルス対策の進め方
      • 1. 有能社員
      • 2. 上司の叱責
      • 3. 配置転換
      • 4. 昇進・昇格
      • 5. 長時間労働
      • 6. だらだら残業
      • 7. 新入社員
      • 8. 発症後の対応(1)
      • 9. 発症後の対応(2)
      • 10. パワーハラスメント
  • 第2部 解説編
    • ■さまざまな症例の特徴とその対応法を知る
      うつ病はどんな病気か
    • ■これだけはおさえておきたい! メンタルヘルスの基礎知識Q&A
      マネジメント編
      • 1. 病識があまりない人にどのように受診を勧めるか
      • 2. メンタルヘルス不調のサインに気づくポイント
      • 3. メンタルヘルス担当者を決めるメリットと、その育成法
      • 4. メンター社員はどのような人を選んだら良いか
      • 5. 上司(管理監督者)として、どのような点に留意すべきか
      • 6. メンタルヘルス不調者対応のノウハウを身につけるには
      • 7. メンタルヘルス不調者と面接するときの注意点
      • 8. メールで相談を受けたときはどう対応すべきか
      • 9. メンタルヘルス不調者に声をかけるときのポイント
      • 10. 休職社員のサポート方法
      • 11. 万一、自殺者や自殺未遂者が出たらどうするか
      • 12. 復職支援の手順と注意点
      • 13. 復帰後のサポートはどのようにしたらいいか
      • 14. いわゆる「新型うつ」などへの対応法
      • 15. メンタルヘルス体制はどのように構築したらいいか
      • 16. メンタルヘルスに対する経営者の理解が低い場合はどうしたらいいか
      • 17. メンタルヘルス不調者の発生を予防する職場環境とは
    • ■これだけはおさえておきたい! メンタルヘルスの基礎知識Q&A
      法的問題編
      • 1. メンタルヘルス対策は、労働安全衛生法にどのように位置づけられているか
      • 2. 採用時に本人やその家族の精神疾患等の病歴を聞くこと、また採用後に病歴詐称が判明したときの対応
      • 3. 全社員を対象とした定期健康診断に、精神疾患の診断項目を盛り込むことはできるか
      • 4. メンタルヘルスを含めた社員の健康情報の管理体制のあり方
      • 5. 外部の健診機関が、許可なく健康情報を社内に開示した場合の対応
      • 6. メンタルヘルス研修は労働時間にあたるか
      • 7. 就業時間後のメンタルヘルス研修の受講を拒否した社員に対する懲戒処分は可能か
      • 8. メンタルヘルス不調が明らかな社員に、会社として専門医受診を命令できるか
      • 9. 受診を拒む社員に対して休職命令を発することは可能か
      • 10. 休職中の社員に病状等の報告をさせる場合、内容や頻度等はどのようなものが適切か
      • 11. 復職を認める判断基準をどこに置いたらよいか
      • 12. 復職した社員の配置・処遇はどうあるべきか
      • 13. 復職後に病気が再発した場合、あるいは休職と復職を繰り返す場合の対処法
      • 14. メンタルヘルス問題で、会社が損害賠償責任を問われるのはどのような場合か
      • 15. 社員が精神疾患を罹患して自殺した場合に、会社、あるいはその上司や監督責任者が責任を問われるのはどのようなケースか
      • 16. 自殺した社員の家族には、責任はないのか
    • メンタルヘルス問題に対応した就業規則の整備
  • 第3部 事例編
    • ■ビジネスマンの闘病手記
      「うつによる休職・職場復帰」体験を基に考える職場のメンタルヘルス対策
    • ■労働組合のメンタルヘルス対策
      電機連合 ハートフルセンターの取組みとメンタルヘルス対策ガイドライン
    • ■EAP機関の機能認定
      産業医科大学 共通基準でEAP機関を認定し提供サービスの向上を図る
  • 第4部 資料編
    • メンタルヘルス用語集
    • 大企業の一般職社員100人に聞く「メンタルヘルス不調と職場の対策」
    • 職場におけるメンタルヘルス対策に関する緊急調査(中間集計結果)
    • 「メンタルヘルスの取組み」に関する企業アンケート調査
    • 心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き
    • 労働者の心の健康の保持増進のための指針
    • 「職場におけるメンタルヘルス対策検討会」報告書
    • 誰もが安心して生きられる、温かい社会づくりを目指して

関連書籍

関連するテーマで探す
  • カートに入れる
  • お買い物ガイド
  • お問い合わせ