コンサルティング

日本賃金研究センター

一人ひとりの人材が最大限に能力・人生哲学・行動特性が活かせる社会を目指して

日本賃金研究センターは1970年(昭和45年)に、産労総合研究所の付属機関として誕生しました。日本の賃金問題の権威である金子美雄(故人)、孫田良平、楠田丘の諸先生が設立メンバーとなり、各界の研究者の参加により、賃金・雇用・労務管理制度の自由な研究活動が開始されました。
その後、設立の精神と目的を継承しつつ、約3,000社に及ぶ人事・賃金制度の導入・改善に携わってきました。現在は、楠田丘氏を名誉顧問に迎え、「個」を活かし、「組織」を活性化する人材政策(人の育成・活用)、人事・賃金制度の研究・開発ならびに導入・運用支援を進めています。

  • 人事・賃金制度の再設計と改善
  • 人事評価制度の再設計と改善
  • 実力等級制度の設計・運用
  • 高齢者の人事・賃金制度の設計・運用
  • 人事考課者訓練
  • 目標面接訓練
  • 人材社会学の普及、展開

日本賃金研究センターへのお問い合わせ

日本賃金研究センターでは、ご要望に応じ、人事制度・賃金制度の構築・運用のお手伝いをいたしております。
また、人事考課者訓練・面接訓練など、研修のご相談も承っております。
お気軽にお問い合せください。

株式会社 産労総合研究所 附属 日本賃金研究センター
〒112-0011 東京都文京区千石4-17-10
TEL 03-5319-3630  FAX 03-5319-3614

  • お問い合わせ