会社案内

産労総合研究所のあゆみ

2015年
・「医療アドミニストレーター」を「病院羅針盤」に題号変更
・産労文京ビル(文京区千石)に本社移転
2014年
・「師長主任業務実践」を「看護のチカラ」に題号変更
2013年
・「企業と人材」創刊1000号(2月5日号)
2010年
・「医療アドミニストレーター」(現「病院羅針盤」)創刊
・「労働判例」創刊1000号(6月1日号)
2009年
・「看護部マネジメント」を「師長主任業務実践」に題号変更
2008年
・株式会社産労総合研究所 創立70周年
2006年
・「賃金実務」を「人事実務」に題号変更
・「賃金事情」創刊2500号(6月20日号)
・「人事実務」創刊1000号(10月1日号)
2004年
・MBO実践研究所と経営人事企画研究所を組織合併し、「組織人材マネジメントセンター」を設立
・「医療経営最前線 経営実践編」を「病院経営」に題号変更
・「医療経営最前線 医事業務編」を「医事業務」に題号変更
・「医療経営最前線 看護部マネジメント編」を「看護部マネジメント」に題号変更
・「介護人材Q&A」創刊
2002年
・「病院経営新事情」を「医療経営最前線 経営実践編」に題号変更
・「医事業務事情」を「医療経営最前線 医事業務編」に題号変更
・「婦長主任新事情」を「医療経営最前線 看護部マネジメント編」に題号変更
・付属機関「病院経営情報研究所」を「医療経営情報研究所」に改名
2001年
・「労務事情」創刊1000号(12月15日号)
1998年
・株式会社産労総合研究所 創立60周年
・産労ホームページ開設
・「労働判例」創刊から800号までを収録した「労働判例DVD」を発売開始
1996年
・「婦長主任新事情」(現「看護のチカラ」)創刊
1995年
・「株式会社産業労働調査所」を「株式会社産労総合研究所」に社名変更
1994年
・経営書院より「大阪学」を発刊 いわゆる「大阪ブーム」を創る
・「医事業務事情」(現「医事業務」)創刊
1991年
・「病院経営新事情」創刊
・付属機関「MBO実践研究所」設立
1990年
・付属機関「経営書院」設立
1988年
・産業労働調査所 創立50周年
・付属機関「病院経営情報研究所」設立
1984年
・砂防会館別館(千代田区平河町)に本社移転
1983年
・「社員教育」を「企業と人材」に題号変更
1981年
・付属機関「日本賃金研究センター」が教育訓練・能力開発事業を開始
1980年
・官公庁、民間企業からの調査受託業務を開始
・付属機関「日本賃金研究センター」がコンサルティング事業を開始
1972年
・「労働判例」の臨時増刊号として「1972年版 重要労働判例総覧」の発行
1971年
・「賃金事情」の別冊として「1971年版 春季賃金交渉資料」の発行
1970年
・付属機関「日本賃金研究センター」設立 所長に金子美雄就任 研究主任に楠田丘、孫田良平就任
1969年
・「社内報新聞」を「社員教育」に題号変更
・「賃金事情NEWS」を「賃金事情」に題号変更
・「労働判例NEWS」を「労働判例」に題号変更
・「労務事情NEWS」を「労務事情」に題号変更
1968年
・「賃金調査資料」を「賃金実務」に題号変更
・「社内報新聞」(現「企業と人材」)創刊
1967年
・「労働判例NEWS」(現「労働判例」)創刊
・千代田区平河町に本社移転
1964年
・「賃金事情」を「賃金事情NEWS」に題号変更
・「産業労働通信」を「労務事情NEWS」に題号変更 
・「産業労働通信」(現「労務事情」)創刊
・「賃金調査資料」(現「人事実務」)創刊
1963年
・産業労働調査所を株式会社に改組
・「労働週報」を「賃金事情」に題号変更 賃金問題の総合誌となる
1961年
・千代田区麹町に本社移転
1958年
・代表者に平盛雄就任
1946年
・「労務時報」を「労働週報」に題号変更
1938年
・労働問題の民間調査研究機関として「産業労働調査所」を設立
・労働問題の専門情報誌として「労務時報」を創刊