施設基準適時調査マニュアル

書籍概要

86326-238

診療報酬における施設基準は数も非常に多く、診療報酬改定のつど新設や見直しなどが頻繁に行われ、その内容はますます複雑化しています。そしてこれらのルールをいかに正しく理解して運用できるかが、病院経営を左右すると言っても過言ではありません。
本書は2016年から全国統一となった施設基準の適時調査の実施方法について、病院への取材と厚生労働省が作成して実際に厚生局において活用している「医療指導監査業務等実施要領(適時調査編)」などの資料を参考に、実際の適時調査でチェックされる施設基準などについて解説しています。
本書を、現場で担当されている皆様が適地調査の対応だけでなく、施設基準のルールを正しく理解して、診療報酬の適切な取扱いを行うための資料として活用して頂ければ幸いです。

本誌の内容を詳しく紹介している特設サイトを公開中

■竹田 和行・著
■B5判/1,178頁
■本体価格 28,000円
■ISBN 978-4-86326-238-6 C3047
■発行日 2017年06月

※書籍の価格は税別の本体価格を表示しております。
◆10冊を超えるご注文は…
 一旦商品をカートに入れたあとの画面で、冊数変更が可能です。
 

数量:



 

目次

  • 発刊にあたり
  • 本書の使い方
  • 第1章 「基礎知識」編 ~適時調査の新しい実施方法と概要~
  •   調査の実施方法
    • 1 標準的な調査の概要と実施状況
    • 2 厚生局の担当者
    • 3 調査担当区分
    • 4 調査の方法
    • 5 当日の調査の流れ
    • 6 調査における注意点
    • 7 施設基準適時調査に関連する法令等の一覧
    • 8 施設基準の届出等に関する基本的事項
    • 9 用語解説
  • 第2章 「事前準備」編 ~適時調査の通知から事前準備まで~
  •   事前に提出する書類
    • 1 実施通知例
    • 2 基本診療料に係る書類
    • 3 特掲診療料に係る書類
    • 4 入院案内(入院のしおり)、組織図および平面図、掲示物の写し(写真可)
    • 5 保険医療機関等の現況
  •   当日に準備する書類一式
    • 1 入院基本料の施設基準に関する書類
    • 2 基本診療料の施設基準等の届出要件に記載された関係書類
    • 3 特掲診療料の施設基準等の届出要件に記載された関係書類
    • 4 入院時食事療養の施設基準に関する書類
    • 5 保険外併用療養費および保険外負担に関する書類
  • 第3章 「調査実践」編 ~施設基準ごとの確認事項~
  •   一般事項
    • 1 保険医療機関の現況
    • 2 保険外併用療養費
    • 3 保険外負担
  •   基本診療料
    • 1 入院基本料
    • 2 入院基本料等加算
    • 3 特定入院料
    • 4 短期滞在手術等基本料
  •   特掲診療料
    • 1 特掲診療料の告示と通知
    • 2 医学管理等
    • 3 在宅医療
    • 4 検査
    • 5 画像診断
    • 6 投薬、注射
    • 7 リハビリテーション
    • 8 精神科専門療法
    • 9 処置
    • 10 手術、麻酔
    • 11 放射線治療
    • 12 病理診断
  •   入院時食事療養/入院生活療養
    • 入院時食事療養(I)および入院時生活療養(I)
  •   参考資料(歯科編)
  • 第4章 「結果指摘」編 ~調査結果通知後の対応方法~
    • 1 改善報告書のつくり方
    • 2 返還同意書
    • 3 返還金が指摘されるもの
    • 4 返還が指摘された事例
  • 書式資料集
    • 1 別添1の2(別紙様式1~45)
    • 2 基本診療料 別添6(別紙1~24)
    • 3 基本診療料 別添7(様式2~58)
    • 4 特掲診療料 別添2(様式1~80の2)
    • 5 病院勤務医の負担の軽減および処遇の改善に係る計画の策定
  • 逆引き索引
    • 1 職種別
    • 2 部門別
    • 3 診療科別

関連書籍

関連するテーマで探す
  • カートに入れる
  • お買い物ガイド
  • お問い合わせ