[病院・介護施設のための]
防災対策とBCP(事業継続計画)
セミナー 〜入門編〜

セミナー概要

病院経営・管理 主催:産労総合研究所 医療経営情報研究所

日時 2017年9月21日(木)13:00 ~ 16:30
会場 主婦会館プラザエフ(4階 シャトレ)
住所:東京都千代田区六番町15番地  TEL:03-3265-8111
参加対象 理事長・院長・施設長・看護部長・事務長
参加費 会員:10,000円(税込)
一般:15,000円(税込)
パンフレット PDF
その他 ※申込後[請求書・受講証]を郵送します。
※参加費用にはテキスト代、昼食代、消費税を含みます。
※会員とは産労総合研究所発行の定期刊行誌8誌(申込書参照)いずれかのご購読者。


 

講師:本田 茂樹(ほんだ しげき)氏

株式会社インターリスク総研 新領域開発室・特別研究員

講師:永井 庸次(ながい ようじ)氏

株式会社日立製作所 ひたちなか総合病院 名誉院長

講師:本間 達也(ほんま たつや)氏

医療法人生愛会附属介護老人保健施設 生愛会ナーシングケアセンター 理事長

セミナーの特徴

「地震大国日本」。この言葉を証明するように、東北地方や熊本地方を大規模地震が襲いました。地震だけではありません。気候変動によってもたらされる猛暑や洪水。今後、わが国はこれらの予想を超える災害対応に力を注がなければならないでしょう。
そこで重要になるのがBCPです。大規模災害が起きてもいかに業務を中断させないか、もしくは中断したとしても短期間で事業が再開できるように、事前に計画(BCP)を立てておくことです。
厚生労働省は災害拠点病院に対してBCPの策定を義務化することを決定しました。しかし、被災地となる施設の役割は災害拠点病院同様に重要であり、防災対策やBCPの策定は喫緊の課題となっています。
今回のセミナーは、「入門編」として、防災対策・BCPについて分かりやすく解説するとともに、実際に大規模災害に遭われた施設の経営者に、体験を通して得られた教訓と防災対策・BCPの重要性をお話しいただきます。
“いざ”というときに備えて、ぜひご参加ください。

スケジュール

2017年9月21日(木)13:00 ~ 16:30

《解説》 本田 茂樹氏

 「医療機関・介護施設における防災対策・BCP」

《事例》 永井 庸次氏

 「BCP/BCMSの病院における考え方と策定の実際」

《事例》 本間 達也氏

 「災害体験から得た教訓と迅速なリーダーの意志決定」

  • 参加のお申し込み
  • 開催実績
  • お問い合わせ