医事業務

医事業務について

医事業務

独自調査・窓口業務から経営参画、
人材育成から患者サービスまで幅広い情報で経営管理をアシスト。

■創刊 平成6年(1994年)
■A4判変形/毎号64頁
■毎月1日・15日発行(月2回・年間22冊))
■年間購読料 52,800円(税込)







「医事業務」の特色

豊富な事例・実態調査、解説が満載! [詳細]

現場ですぐに役立つノウハウが詰まった事例、業界の課題に迫る実態調査、わかりやすい解説が人気です。

全国各地の医事勉強会・研究会をレポート [詳細]

病院同士の情報交換で、業務とサービスをレベルアップ。各地の医事勉強会の活動をもれなくリポートします。

様々な角度から医事を学べる連載企画 [詳細]

実務入門、経営戦略、医事業務Q&A など、専門知識をじっくり学べる、連載企画も好評です。

最新医事情報収集に! [詳細]

行政からの新着情報を迅速に、正確に。保険・医療・医薬関連の情報収集をサポートします。

欲しい情報がすぐに手元に!

新制度の導入や課題解決のコツをじっくり、たっぷり教えます。

この方々も薦めています!

医事課スタッフは若手からベテランまで。他にも経営や管理に関わるセクション・スタッフたちからもとても勉強になると好評価です。

現場実務者同士をつなぐ実践情報誌現場の動きと実態がつねに時差なく伝わってくる。 「医事よろず相談」コーナー執筆者 千葉県民間病院協会 医事研究部部長/三浦昇氏
医事業界のトレンドが漏れなくわかる「医事業務」
医療を取り巻くあらゆる法律の改正や制度改革が進展し、医事に限らず、今の病院運営は大転換期を迎えています。現場の医事課スタッフはこのような急激な変化になかなか対応しきれていないのが実状ではないでしょうか。レセプト請求についてはどうにか対応しても、経営分析・計画、医療サービスの質の向上など、これからの医事課に求められる新しい課題については、ほとんどの病院が手つかず…。臨床現場の発展のため奮闘する人ってどこかで繋がるんですよね!
私は千葉県54病院を集めた医事勉強会を20 年近く主催していますが、医事課スタッフは従来の専門性にまだまだ逃げていて、視野やスキルを広げるに至っていないと感じます。『医事業務』は、今医事の現場で何が起こっているか、何が求められているかを時差なく伝えてくれる実践情報誌です。勉強会のテーマ抽出にも大いに役立っています。これからの医事課を牽引するリーダーたちは必読ですね。
実務・実践に直結した記事で現場実務者を支援
医事の現場には、制度や仕組みを解説したテキストを読んだだけでは解決できない疑問や課題が日々山積みです。とかく院内にこもりがちな医事課スタッフは、こうした課題解決の糸口が見つからずに悩んでいます。『医事業務』は、そのような現場の動きと空気を掴み、タイムリーな情報提供をしてくれる実践情報誌です。実務・実践に直結した記事は他誌にはない魅力ですね。また、全国の勉強会やコンソーシアムの活動報告を逐一掲載しているので、現場の実務者同士をつなぐ役目を担っているのも『医事業務』の大きな特徴です。
私も勉強会報告を長年掲載しているせいか、全国の読者から私宛てに実務上の疑問・質問が数多く寄せられるため「医事よろず相談」コーナーをスタートしました(笑)。現場がどんなことで悩んでいるかが実によくわかり、医事にかかわる人なら誰しもなるほどと思われるはずです。ぜひ一度ご覧になってください。

イラストでおなじみの”三浦部長”
『医事業務』に勉強会報告を連載しているおかげで、いまでは全国各地の勉強会との連携や交流も密になり、講演にうかがう機会も増えました。誌面の似顔絵の反響も大きく、全国どこへ行っても「三浦部長!」と声をかけられますよ(笑)。
医事課の改革を目指す私を助けてくれたのは、『医事業務』で出会った尊敬できる先輩たち。 医事の若手リーダー 医療法人社団善仁会小山記念病院 医事課長/鈴木清隆氏
医事に携わって10 年、課員54 名をまとめる責任者として、試行錯誤を重ねています。私自身が若くて未熟なこともあり、以前はスタッフの気持ちが掴めておらず、何度も課が空中分解しそうになりました。しかし、まだまだ課題はたくさんありますが、今はスタッフと気持ちをあわせて、真の意味で”病院を良くする医事課づくり”を目指しています。『医事業務』との出会いは7 年前、他病院の事例があまりに進んでいるので愕然としました。当時は先端的な事例をそのまま院内で実践して失敗したことも(笑)。事例記事は改革の目標になったり、同じような悩みをもつ事例を読んで勇気づけられたりと非常に参考になります。また、記事の執筆者に連絡し、勉強会のメンバーに加えていただくこともできました。『医事業務』を通じて様々な課題を克服していく先輩に出会えたことが何よりの財産です。私自身まだまだ経験不足ですが、本気でやっていけば、周囲の先輩やスタッフでも、必ず助けてくれます。これからも、周囲の協力を得ながら、様々な課題に正面から、謙虚で前向きに取り組んでいきます。
『医事業務』を読むことはBSCの自主目標。全国の元気な病院の事例が励みにも刺激にもなっています。 医事の革新を目指すリーダー 社会福祉法人恩賜財団福井県済生会病院医事課長/梶山浩之氏
医事課長になって半年、BSC の導入などこれまでやってきたことが少しずつ形になり、やっと新しい医事課の体制が少しずつ見え始めています。『医事業務』とは創刊以来の付き合いですが、医事業界でこれから起こる大きな変化の波を鋭く捉えている記事や、全国の元気な病院の現場をそのまま伝えてくれる事例紹介など、人材育成や職場づくりで日々奮闘する我々にとってよい刺激になる記事が毎号豊富にあります。また、多くの病院が業務の中身をオープンにし、書式・様式を多数開示しているのにも驚かされます。あらゆる意味で活用度が高い実践情報誌なので、現在も医事課員の情報収集源としてBSC の項目にも掲げられているほど。当院では医事課に限らず、病棟の各所でも読まれています。目下の最大の課題は、一医事課員を超えて、チーム医療をコーディネートするマネジメントスタッフとしての人材づくりです。『医事業務』には、医事の新しい人材戦略やコストマネジメント手法など、今後もますます新鮮な記事を期待します。

いますぐ必読! 「医事業務」おすすめ記事

「医事業務」は、今、その時、医事業務に必要な情報を掲載しています。
ここでは、その中から厳選した4つの記事を、実際の誌面を含め、ご紹介します。

1 「中医協便り・審議会傍聴レポート」 [詳細]

「後期高齢者医療制度」「未収金検討会」の動向をはじめ、行政からの資料や通知・通達を速報しています。知らないと即実務に影響が出る内容ばかりなので医事課スタッフは毎号、必読です。

  • 厚生労働省「医療機関の未収金問題に関する検討会」が初会合
  • 平成19年度の医療法第25条第1項に基づく立入検査の実施(通知)

2 「診療報酬改定」 [詳細]

2年に一度の診療報酬改定の情報を速報でお届け。改訂の概要、ポイントの解説、対応策を随時掲載。

3 DPC実施病院を追う [詳細]

DPCのさらなる拡大に伴い、実施病院の取り組みを毎月掲載。導入のフローや作成した具体的ツール、DPCの導入効果、データ分析などについて詳しくレポート。

4 人材育成とマネジメント [詳細]

医療制度改革に伴う厳しい病院経営、それを支える人材の確保は必須。新人教育をはじめ病院経営をサポートする人づくり、さらにはBSCや目標管理などを導入して経営をサポートするマネジメントシステムを事例で紹介。

  • 無料見本誌のご請求
  • 定期購読のお申し込み
  • お問い合わせ